探偵社に工作を依頼することは出来るのか?

HOME > ニュース > 初心者向け 探偵会社の選び方と基本情報 > 探偵社に工作を依頼することは出来るのか?

探偵社に工作を依頼することは出来るのか? - 2016.02.10(水)

探偵社では基本工作を受け付けない

基本的にはどの探偵社も、別れさせ工作や復縁工作などは行いません。

こうした工作自体には今のところ法的な規制などはかかっていないのですが、探偵業の適正化に関する法律では、探偵業の仕事を以下のように定義付けています。

「探偵業務」とは、
1. 他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として
2. 面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い
3. その調査の結果を当該依頼者に報告する
業務をいいます。

この探偵業務を行う営業を「探偵業」といいますが、専ら放送機関、新聞社、通信社その他の報道機関の依頼を受けて、その報道の用に供する目的で行われるものは除かれます。

(警視庁:探偵業の適正化に関する法律の概要)

つまり、探偵社は依頼を受け、特定の人物の調査を行うことのみを業務としているわけであり、工作行為は探偵業務の範疇外となっているのです。

また、昨今こうした工作業務を行っている探偵社が問題視されていることもあり、業界内では基本的に工作業務を排除する考えで一致しています。

なぜ探偵社が工作行為を行うのか?

しかし、一部の探偵社では未だに復縁や別れさせなどの工作をおこなっている所も存在します。

ただ、この業務は探偵業の範疇の外にあるわけですから、『別れさせ屋』『復縁屋』として探偵業とは無関係の場所で営業しても良いわけです。

しかしどういう訳か、工作業務をメインとする事務所は探偵業を営んでおり、各種工作を探偵業務の一環としておこなっている節があります。

なぜこんな事になっているかというと、実は復縁屋にしても別れさせ屋にしても、ターゲットとなる人物の素行調査を行わなければ、工作を実施することが難しい現状があるためです。

そのため、探偵業務の届出を出しておけば、素行調査の部分でトラブルが発生したとしても『探偵です』と名乗ればおとがめ無しとなってしまうことが多く、ある意味探偵業を悪用した営業形態とも言えなくもありません。

また、復縁屋や工作屋として活動するよりも、探偵業として国家公安委員会の認可を受けているほうが営業もしやすいため、探偵業の屋号を取っている会社もいるようです。

工作や復縁をやってもらいたい場合は?

復縁や別れさせ工作といったことは、法律的な規制もほぼ無いに等しく、工作を行ったからといってなんら違法性に問われるものではありません。

そのため、どうしても工作を行ってほしいと願っているならば、そうした業務を行っている会社に依頼をすることもをやむを得ないかと思います。

ただ、そうした依頼を普通の探偵社に頼むのはあまり良いことではありません。

探偵社側でも、このような営業をおこなっている探偵社が依頼者と多くのトラブルを起こしていることを知っているので、そうした依頼を持ちこむ人物=質の悪い依頼者として見てしまう傾向があるので、別の調査依頼も断られてしまうかもしれません。

もしも復縁工作などを本当にやってほしくないのであれば、工作などをしているかどうか初めに頼むのはあまり良くありません。探偵社は調査を行う会社だという認識を持ち、工作はそれを専門に行う業者に相談したほうが良いです。

また、復縁や別れさせ屋ならまだいいですが、復讐工作に関してはどんな業者であっても絶対に依頼をしてはいけません。

この業務に関しては完全な違法行為となるので、業者ともども、依頼者も逮捕されることは間違いありませんから、このような広告を見ても興味を持たない様にしましょう。