探偵社に相談をすると契約しなければならないのか?

HOME > ニュース > 初心者向け 探偵会社の選び方と基本情報 > 探偵社に相談をすると契約しなければならないのか?

探偵社に相談をすると契約しなければならないのか? - 2016.01.10(日)

探偵社に相談をする場合に必ず契約をしなければならないかという質問を良く聞きます。

しかしそんなことはありません。
さすがに探偵社といえどそこまでアコギな商売をしている人は聞いた事もありません。

というわけで、今回は探偵社への相談と依頼の流れの違いについてご説明させて頂きたいと思います。

探偵社への相談はどこも無料

かつて、探偵社へ相談する場合には有料としていた探偵社もありましたが、現在ではどの探偵社も無料で相談を行っています。

当然、この無料相談を行ったからといって、その場で契約を迫られる訳ではありません。

これについては探偵社にかぎらずとも、相手に検討の余地をもたせずに契約を迫ったり、一方的に契約をしたとした場合には、消費者法を元に契約の解除が可能です。

つまり、探偵社はまず間違いなく一方的な契約を行わず、相談料金なども無料でおこなっているわけですから、『相談をすると契約をしなければならない』などといった質問が生まれること自体がおかしいわけです。

探偵業界の闇

しかし、このような質問が飛び出してくるのにはやはり理由が存在します。

じつはその昔、探偵業法が制定されるよりも前の時代には、探偵という仕事じたいが職業として殆ど認知されておらず、一部の探偵社は組織犯罪や詐欺グループの方棒を担いでいるなんて時代もありました。

また、調査の内容をもって依頼者を脅して金銭をせしめていたり、第三者に調査の内容をもらしてしまうという随分悪質な探偵社も存在していたため、質問にあるような強制的な契約を行う所も間違いなく存在していたのです。

この様な暗黒時代があったため、探偵業は未だに悪徳業者その巣窟として認知されているのです。

そして時代は変わり、高度経済成長期ともなれば探偵業界も次第にクリーンになっていき、やがて探偵業の適正化のための法律が施工され、かつて悪徳探偵社と呼ばれていたような詐欺や恐喝を行っていた一部のグループはほとんど消滅しました。

しかしながら、探偵業は5年以内の前科がなければ誰でも開業できてしまうため、いまでも詐欺グループや組織犯罪の方棒をかついでいる探偵社が時々現れてきます。

ただ、やはりこのような業者への取り締まりは時代を追うごとに厳しくなってきたため、すぐに営業停止となる事が多く、その被害を受ける依頼者というのは相当稀な存在となっています。

用心に越したことはない

ただ、悪徳探偵社が減ったからといっても用心をするにこした事はありません。

詐欺や犯罪のために探偵業を起こす人間は毎年必ず出てきているので、そうした被害に遭わないためにも、各探偵社のHPでは常に悪徳探偵への警戒を促す文面が出てきています。

ただ、このような文面には、自社のクリーンさをアピールするために使われることも多いので、実際にはどの探偵社が言うほど悪徳探偵社が多数存在しているわけではありません。

この点も、多くの依頼者に『相談をすると契約をさせられる事もあるの?』といった誤解を与えてしまう原因ともなっているのですが、やはりこの点はしょうがないと思って諦めるしかないかもしれませんね。

まとめ

探偵社に相談をして、契約を迫られるということはまずありえません。

しかし、ほんとうにごく一部のわずかな探偵社が、営業停止を受ける前にそのような行動をしている可能性がありますので、注意をしておくことには損はないでしょう。

また、万が一そのような違法行為に出くわした場合には、すぐに電話を切り、消費者センター等に通報することをおすすめします。