浮気調査の証拠を押さえたら、すぐに報告書を見せるべきか?

HOME > ニュース > 初心者向け 探偵会社の選び方と基本情報 > 浮気調査の証拠を押さえたら、すぐに報告書を見せるべきか?

浮気調査の証拠を押さえたら、すぐに報告書を見せるべきか? - 2015.11.17(火)

仮に、貴方が探偵社に依頼をして浮気の証拠が見つかり、その証拠が詳しく記載された報告書を入手したとします。

では、この場合、貴方はすぐにその報告書を相手に見せますか?
それとも、しばらくは見せずに自分で考えてみますか?

実は、報告書をもらった依頼社はこうした悩みを抱えるもので、冷静に物事を判断できる人ほど、もらった報告書をどう使おうか迷ってしまうものなのです。

報告書をすぐに見せるのは良くない

探偵社から送られてきた報告書を何の準備も無しに見せることはあまりおすすめできません。

なぜなら、探偵社の報告書というものは、浮気の事実を完璧に肯定するものであり、それによって夫婦の関係が悪化してしまう可能性があるからです。

もしもこの時、すでに離婚を決意しており、その報告書をみせて配偶者との別居をすでに考えているのであれば、調査報告書はすぐに見せても問題はありません。

むしろ離婚においては浮気調査の報告書とは絶大な武器となります。浮気の事実によって別居に至ったとなれば、その後の離婚にもかなり優位に事が運ぶかもしれません。

しかし、もしも浮気の事実がわかっても、夫婦としての関係を壊したくないのであれば、まずはどのように報告書を見せ、どのように相手を誘導するのかを考えてから行動しなければなりません。

家庭崩壊を招かない調査報告書の見せ方

調査報告書というのは大変な効力を発揮するものなので、その使い方を誤れば意図せず家庭を崩壊してしまう恐れもあります。

そこで、調査報告書を見せる時、まずは話し合いをすることを前提に報告書を見せましょう。

例えば、配偶者に大切な話があるとして呼び出しましょう。
そして、まずは浮気をしていたのか、それとも本当にしていないのかについて問いかけることをお勧めします。

この時、もしも嘘をつくようならば、その時には探偵社から渡された調査報告書を見せましょう。

そうすれば、まず相手は嘘をついたという罪悪感から、探偵社の調査報告書という強烈なインパクトを受け入れざる得ないでしょう。

事務的に確認作業を行う

そして、調査報告書の内容をみながら、ひとつひとつ、本当かどうかを確認していきましょう。

この時、あえて事務的に確認作業をすすめることをお勧めします。
あまり感情的に会話をすすめてしまうと、相手が逆上してしまう恐れがあるので、なるべく感情を込めず、まるで公務員か警察官のように、調査報告書の内容が事実であるかを確認していく必要があります。

また、この時仮に探偵社に依頼したことを責められたとしたら、その時には軽めに黙って調査をしたことを詫びたほうが良いです。

しかし、やはり事の非は浮気をした本人にあることもきちんと説明しましょう。でないと、悪事を働いたのに調べた側を責める依頼者を調子に乗らせてしまうだけです。

認める所は認めるけれども、譲らないところは譲らないというはっきりとした態度を心がけてください。

相手から条件を引き出す

そして、相手が調査報告書事実を全て認めたならば、あとはこちらから条件をだしましょう。

1つ目は、浮気を止めて家族を大切にするのか。
2つ目は、離婚をして慰謝料を払ってもらうのか。

この条件を提示し終えた後は、今度は自分の望みを伝えましょう。私は浮気を止めてもらって、もう一度1からやり直してもらいたいという事をきちんと伝えるのです。

この様にすれば、大抵の良心ある人間であれば、依頼者の提案に従い、家庭を大切にしてくれるかもしれません。

最後に

そして、もしもこうした提案の仕方でも無理な場合、やはりすでに家庭が修復不可能な段階まで崩壊してしまった後かもしれません。

ただ、ここで諦めずとも、他にもカウンセラーの診断を受けさせたり、家族の力を借りるなどして浮気を止めさせる方法があるかもしれません。

無理なものは早めに切り捨てた方が良いかもしれませんが、もじも少しでも望みがあるなら、配偶者を改心させて家庭をやりなおすチャンスに掛けるのも良いかもしれませんね。