探偵に依頼するにはいくら必要?高額請求のリスクを減らす方法

HOME > ニュース > 初心者向け 探偵会社の選び方と基本情報 > 探偵に依頼するにはいくら必要?高額請求のリスクを減らす方法

探偵に依頼するにはいくら必要?高額請求のリスクを減らす方法 - 2014.11.22(土)

夫や妻、恋人に対する浮気調査や素行調査・・・
探偵業者に依頼しているということを「周りの人たちには秘密にしたい」と思う人がほとんどでしょう。
そのため、費用がどの程度かかるのかについても、なかなか情報を手に入れづらいというのが現実かと思います。
探偵業者に依頼をする際、かかる費用の目安はあるのでしょうか。

015294まずはかかる費用の明細について考えてみましょう!

実は、探偵業には「一般社団法人日本調査業協会」という、全国で唯一警察庁を監督官庁とする公の団体があります。この団体の単位会である「一般社団法人東京都調査業協会」が公式ホームページで探偵の調査費用項目について、次のようなデータを発表しています。

≪調査料金って、いったい何?≫
調査を行うには費用がかかります。通常、探偵や興信所の調査費用は基本的には次のような内容で構成されています。

・成功報酬金
結果の程度に応じて支払われる成功時の報酬金
・調査料金
着手金、人件費(タイムチャージ・日当・出張手当)深夜早朝割り増し・危険手当
・経費(実費)
交通費・宿泊費・車両費・燃料費・高速代・通信費・器材費
印刷費・対象店出入り費用・フィルム費・その他情報入手にかかる費用など
・手数料
報告書作成費など

一般社団法人東京都調査業協会HP「調査項目と料金」よりー

こうして見てみると、一般人の私達が想像する以上に、さまざまな費用がかかる可能性があることが分かります。
ただし、ここでポイントなのが、100人が100人、全員この内容で費用がかかるわけではないということです。
調査期間や必要人数は案件の難易度によっても変わってきます。また宿泊を伴う必要があるかも各案件次第でしょう。
重要なことは依頼の際に費用についての説明をしっかりしてもらい、できるだけ書面化してもらう(もしくは自らその場でメモを取っておく)ことです。書面に残しておくことで、後々トラブルになった場合の証拠となりうる可能性があります。

015294適正料金を知っておきましょう!

上で挙げた調査料金のうち、最もわかりづらいのがタイムチャージなどの「人件費」ではないでしょうか。「交通費」などの実費にように基準になるものがないので、提示された金額が果たして高いのか安いのか、判断に困るところかと思います。
この点に関しても一般社団法人東京都調査業協会のデータが参考になるかと思います。

≪行動調査(素行や浮気の調査)料金の平均像(適正料金アンケート結果より)≫
調査員2名の場合だと、1時間当り1.5万円~2.0万円前後という調査結果が出ています。

<調査料金のアンケート分析の報告>
調査業に限らず、どのような業種でも熟練した専門職の人件費は、どのぐらい必要でしょうか?
特に調査という職種は、特殊な技能と集中力・責任感がないと出来るような職種ではありません。
責任感ある技能に優れた人材を確保し調査活動を行うには、それなりの費用が必要という結果になっています。

●時間あたりの調査料金
調査員2名の場合
2.0万円以上~2.5万円未満・・・36%
1.5万円以上~2.0万円未満・・・28%
1.0万円以上~1.5万円未満・・・24%(諸経費別)

●車両費(調査用車輌・バイク)に関して
1日1台あたり費用
無料・・・・・・・・・・・・・・・・36%
1.0万円以上~1.5万円未満・・・24%
1.5万円以上~2.0万円未満・・・16%

車両費を無料と回答した業者の時間あたりの調査料金
2.0万円以上~2.5万円未満・・・50%
1.5万円以上~2.0万円未満・・・13%(諸経費別)

調査料金が時間当たり2万円を越えていると車両費は頂かないが、1.5万円前後から2万円未満だと車両費として1日1台について1万円から1.5万円程度までの費用を頂いているケースが多いといという結果になっています。

一般社団法人東京都調査業協会HP「調査項目と料金」よりー

このように、タイムチャージについては、正規の探偵業者の多くが1万5000円〜2万5000円に設定していることがわかります。したがって、これよりあまりにも費用が安すぎたり高すぎたりする場合は、別の項目で不要な料金がかかっていないか等、費用体系をよく確認するとよいかもしれません。

015294支払可能な上限額をあらかじめ伝えておきましょう!

以上のような費用体系を知ることで、ざっくりした費用総額の想像はできるかもしれませんが、それでも「支払いできるか不安が残る・・」という場合は、依頼の際に「上限〜万円くらいしか払うことができない」と資力の上限を伝えた上で話を進めるのも一つの方法です。想定外の高額な費用が請求されるリスクを減らすことができる可能性があります。