調査を失敗した場合には料金を支払うのか?

HOME > ニュース > 初心者向け 探偵会社の選び方と基本情報 > 調査を失敗した場合には料金を支払うのか?

調査を失敗した場合には料金を支払うのか? - 2015.12.14(月)

探偵社に依頼をして、もしも調査が失敗してしまったら、依頼者は料金を払わなくてはならないのでしょうか?

普通なら、この場合は料金を支払いたくないのが依頼者の本音でしょうが、契約のしかた次第では、調査を失敗しても料金が返ってこない場合もあるので、今回はこうした質問に対して詳しい回答をしていきたいと思います。

調査の失敗の内容によって変わる

実は調査を失敗したからといって、必ず料金が返ってくるわけではありません。
探偵社側の過失である場合には調査料金が返ってきますが、これが依頼者側の過失となると調査料金が返ってこない場合があります。

例えば、探偵社の過失となると、無理な尾行によって調査が判明してしまったり、調査員のトラブルによって証拠を取り逃してしまった場合などは、明らかに探偵社側の過失となります。

しかし、依頼者が対象者の情報を隠していたり、依頼内容に虚偽の記載などをして調査を混乱させた結果失敗となってしまった場合には、恐らく料金の返金は難しくなるでしょう。

浮気調査の場合は、対象者との接触が確認できないことは失敗ではない?

依頼者の中には、調査の結果、対象者が浮気相手と接触していないという結論が出た場合には、それを調査の失敗として料金の返金を求める方がいます。

しかし、申し訳ありませんがこの場合は料金の返却はまず行えません。

なぜなら、探偵社が契約通りの調査を実行し、その証拠となる調査報告書によって、対象者がその日浮気相手と接触していないことが証明されているからです。

これがもしも、『浮気相手との接触が確認できなければ料金を返却する』といった契約内容であれば料金の返却されるかもしれませんが、こうした契約の仕方をする探偵社は稀でしょう。

時間制(パック料金)の場合は料金の返却は難しい

時間ごとに料金が加算されるパック料金で調査を依頼した場合には、たとえ浮気相手と接触しなくとも、調査を行った時間で料金が発生するのが普通です。

ですから、もしも調査を失敗した時に料金が無駄になってしまうことが嫌であれば、成功報酬型のプランを採用している探偵社に依頼することが望ましいでしょう。

完全成功報酬型は調査が失敗すると料金が返ってくる?

完全成功報酬型の料金プランを採用している探偵社の場合、もしも浮気相手と接触をしなかったり、探偵社側の過失によって調査が失敗してしまった場合には料金を全額返金、もしくは貰わないという制度を設けているところがあります。

ただ、このプランは一見お得なようにみえますが、時間制の料金プランや成功報酬型のプランに比べても料金が割高になりやすいので、調査が成功した場合には大きめの金額がかかることがあります。

まとめ

調査の失敗については、事前にどのような状況が失敗となり、どうなれば調査料金が返金となるのかを探偵社に確認しておくことをお勧めします。

通常であれば、こうした内容は重要事項として探偵社から説明されると思いますが、もしも探偵社側からそうした話しが出てこなければ、依頼者の方から訪ねても良いかもしれません。

しかし、調査の失敗というのはやはり耳が痛いですね。

各探偵社の調査力は以前よりも間違いなく向上してきてはいますが、個人情報保護法案などの法律の変化や時代の流れの変化についていけず、調査が難しくなっている探偵社も間違いなく存在します。

しかし、そんな文句も言ってはいられません。こうした状況を打破し、より多くの依頼を成功できる調査手法を考えるのは、探偵社のつとめかもしれません。