犯罪調査とは?市民に忍び寄る魔の手と戦う探偵達

HOME > ニュース > 事件・事故・その他の犯罪について > 犯罪調査とは?市民に忍び寄る魔の手と戦う探偵達

犯罪調査とは?市民に忍び寄る魔の手と戦う探偵達 - 2015.02.24(火)

探偵達が犯罪と闘っている?
そんなフィクションみたいな話があるのかと思われている型も多いでしょう。

しかし、実は日夜多くの犯罪を調査し続けている探偵事務所。
今回は、そうした探偵の裏側である『犯罪調査』についてまとめていきます。

探偵社が調査する犯罪の種類

探偵社に最も多く持ち込まれる犯罪の種類は『軽犯罪』。
これはつきまとい(ストーカー)や盗聴、盗撮などの他、周辺住民への嫌がらせや、悪質な悪戯などが含まれます。

また、それ以外にも多いのが『器物破損』や『窃盗・盗難』。
盗まれたものや、その犯人を探す他、車両などの窃盗や破壊行為を行う犯人を探し出すといった事も含まれます。
また、傷害事件などを起こした容疑者を依頼によって捜索する場合もあります。

それでは、探偵社が調査を行っている主な犯罪についてご紹介します。

窃盗

窃盗罪とは、刑法235条において『窃盗罪』として定められており、「他人の物を故意に無断で使用したりその場から持ち出し所持する」を指します。

・タクシーに大切なパソコンを忘れてしまったが、いつまでたっても荷物が見当たらない。
・ベランダに干している洗濯物などが盗まれる。
・自宅のマンションで車上荒らしが頻繁に起きる。
・社内で良く物が無くなる。

こうした窃盗事件は被害が軽度であると、警察も捜査しにくくなり、探偵社への依頼が多い犯罪の一部だといえます。

器物破損

ec1cb8a1c35e56e127f281131fe7b154_s

器物破損は、刑法261条で定められる所の『器物損壊罪』。
「他人の物を破損し、又は傷害すること」を指す犯罪です。

・自宅の車が何度も壊される。または周辺にも被害がおよんでいる。
・家の周りやマンション周辺に落書きや悪戯が酷い。
・街頭や道路標識が壊されたり悪戯される。

器物破損は証拠が残りづらく、現行犯以外での逮捕が難しい犯罪。
特に何度も繰り返される悪質な手口に悩まされている人から依頼が目立ちます。

詐欺

詐欺は刑法246条に定められる所の『詐欺罪』に当るものであり、「他人を欺罔(ぎぼう)し錯誤に陥れさせ、財物を交付させるか、または、財産上不法の利益を得ることによって成立する犯罪」と定められています。

・オレオレ詐欺に騙されてしまった。
・小切手詐欺にひかかってしまった。
・オークション詐欺で商品を騙された。
・投資詐欺に騙されてしまった。
・融資詐欺に騙されて補償金を取られてしまった。
・いま付き合っているパートナーが結婚詐欺の疑いがある。
・悪質な霊感商法に家族が騙されている。

こうした詐欺行為は合法との線引きが難しく、犯罪として立証できなければ公の捜査が入りにくいもの。
探偵社が調査するものは小規模な詐欺事件が大半となりますが、中には調査の結果、それが大規模な詐欺事件であったことが判明した依頼もあります。

横領

横領とは、刑法252〜255条に規定された犯罪すべてを指す言葉であり、「事故の占有する他人の物を横領すること」を罰する罪です。

・店のレジからアルバイトがお金を盗んでいるかもしれない。
・会社の経費が使い込まれているかもしれない。
・タクシーの中に置き忘れた荷物を、運転手が横領したかもしれない。
・会社の売上金が少しづつ紛失している。

横領罪は幅広く、遺失物の横領から数億円規模にのぼる銀行の横領事件など、様々なケースが考えられます。
探偵社に持ち込まれる依頼内容では、小規模な店舗や遺失物、または社内の横領などが一般的です。
ただ、遺失物に関してはその会社の重要なデータであったりと、絶対に取り返さなければならない重大な事件という事もあります。

つきまとい(ストーカー)

つきまとい(ストーカー)行為は、2000年に施行されたストーカー規制法にて罰せられる事となった犯罪です。

ストーカー規制法では以下の行為を法規制の対象として定義しています。

1 住居、勤務先、学校その他通常所在場所でのつきまとい・待ち伏せ・進路立ちふさがり見張り・押しかけ
2 監視している旨の告知行為(行動調査など)
3 面会・交際・その他義務のないことを行うことの要求
4 著しく粗野な言動・著しく乱暴な言動
5 無言電話、連続した電話・FAX(ファックス)・電子メール
6 汚物・動物の死体等の送付等
7 名誉を害する事項の告知等
8 性的羞恥心を侵害する事項の告知等

こうした法規制が出来る前から、探偵業界ではストーカーの調査を続けてきた経緯もあり、探偵業界ではお馴染みの調査となっています。

ただ、残念な事にこのストーカー規制法案の対象は『恋愛感情に関するつきまとい』のみとなっているため、それ以外のストーカー行為は注意が必要です。

015294まとめ

一般的に浮気調査のみを行っていると思われがちな探偵ですが、犯罪調査などの依頼もしっかりとこなしています。

ただ、犯罪調査をするといっても、なにも探偵に特別な権限が与えられているわけではなく、それぞれの調査力の高さをもって日夜犯罪と戦い続けているのです。