いじめ調査後に問題が解決するケースについて

HOME > ニュース > いじめ調査 > いじめ調査後に問題が解決するケースについて

いじめ調査後に問題が解決するケースについて - 2017.01.24(火)

いじめの問題は年々深刻化しています。
学校や企業でいじめ問題を撲滅しようとして心理カウンセラーを設置するなどして対策を講じていますが、根本的な解決にはいたっていないのが現状です。
最悪の事態としてはいじめを苦にして自殺をしてしまうケースです。

いじめ問題の深刻化を防ぐ方法

国と民間企業が一体となって解決する方法探っていますが、問題は増加の一途をたどっています。
深刻化を防ぐ方法としては次の方法がかんがえられます。

1、身近な人に相談をする
2、警察に相談をする
3、探偵に相談をする

ひとつずつ確認していきます。

コミュニケーションが大切

1、最も簡単に相談ができる存在です。
しかし、相談した相手によっては自分の考えを押し付けるのみで話を聞いてくれない場合もあります。
最近では親子間であってもコミュニケーションがとれていない場合もあり、相談できる環境ではないことも少なくないのが現状です。

2、警察は事件性がないとなかなか動いてくれません。
ありのままを伝えたとしても事件性が低いと判断される場合もありかなりハードルも高いと思います。

3、探偵社に相談する方法も忘れてはいけません。
警察が事件性は低いと判断した事案であっても、親身になって相談に応じてくれるばかりでなく、警察の考えを一変させる証拠を突きつけることもできる場合があります。
相談する選択肢のひとつとして検討してみることをおススメします。

探偵社に相談するとどうなる?

ではタイトルにある「いじめ調査後に問題が解決するケース」について検討してみましょう。
探偵社に相談した場合を基に説明します。
調査を進めていくと加害者の耳にも調査が行われていることについて耳に入ることがあります。

調査が進み加害者のところに来た場合、加害者は家族にばれることを一番恐れます。
家族や学校(企業)では良い人でいる為に発覚して自分が悪者になる事を恐れているからです。
自然といじめることを止めるケースもあります。

このように調査を進めたことでいじめ問題が解決する場合もあります。
誰かに相談をすると被害者にココロのゆとりが生まれて加害者にとってつまらない人間と思われることもあります。

被害者は自分が我慢をすれば良いと考えてしまうのですが、まわりに救いの手を伸ばすことは非常に重要なことです。
ひとりで悩んでいてもいじめはエスカレートするだけです。

相談をすることで早期に解決をはかることができます。
自分を追い込みすぎて自殺をすることは絶対にあってはなりません。
相談することこそが解決への近道です。