浮気調査の費用について【相場や費用を安くする方法とは】

HOME > ニュース > お知らせ > 浮気調査の費用について【相場や費用を安くする方法とは】

浮気調査の費用について【相場や費用を安くする方法とは】 - 2016.07.09(土)

配偶者や恋人の行動に不信を抱いているけれど、自分では浮気の証拠が掴めないということがあるかもしれません。
本人に問い詰めても、シラを切られるばかりということもあったり。

それならばと、プロの探偵に浮気調査を依頼することもあるでしょう。

浮気は証拠が大事

浮気調査の結果によっては、離婚裁判が有利になったり、配偶者や浮気相手に慰謝料を求められるケースもあります
単なる恋人の浮気と違い、既婚者の場合は、裁判所で認められる証拠を掴むのは非常に重要です。そのためにも、プロの力を借りるのは最適な方法だといえるでしょう。

しかし、浮気調査の費用は気になるものです。離婚となれば、何かをお金が必要になりますし、なるべく安く抑えたいと考えるでしょう。

浮気調査の費用を抑えるには?

7--9

では、実際に浮気調査の費用を安く抑えることができるのかですが、これは可能です。
まず、浮気調査の費用の相場ですが、時間給で計算する場合がほとんどです。
たとえば、「60時間で証拠をつかみました」という感じです。

では、この時給ですが、探偵ひとりにつき大体1万円程度が相場です。
つまり、1人だけなら1万円、2人で行動するなら2万円ということです。どうせなら1万円に抑えたいかもしれませんが、2人いることで急な動きに対応でき、少ない時間で証拠を得られることもあるので一長一短です。

自分で持っている情報は先に伝えておこう

また、安く抑えるポイントですが、できるだけ探偵に情報を与えることです。
浮気相手の素性が分かっているなら、すべて伝えることです。もし、誰かわからない場合でも、背丈や顔の印象などが分かっているだけでも重要な情報です。

さらに、2人が浮気しそうな曜日や時間帯、ホテル、お店なども有力な情報です。
ヒントとなるものが多ければ多いほど効率よく動けるために、浮気調査の費用は安くなるというわけです。

逆にいうと、「まったく相手に心当たりがないけれど、何となく浮気しているような気がする」程度の情報では、相当な時間がかかることになります。見当違いの場所で何時間も尾行や張り込みをされてしまうと、どんどん費用がかさむことになるでしょう。

そういう無駄を省くためにも、探偵に浮気調査の依頼をする前に、独自の調査をすることが重要です。電話やメールの履歴から、相手が推測できることもあるので「こういうのは意味がない」と判断せずに、すべて探偵に渡すようにしましょう。安く抑えたいのであれば、間違っても、何も伝えず探偵の実力を試したいなどとは考えないことです。