離婚の慰謝料は一括それとも分割?【失敗しないためのポイントとは】

HOME > ニュース > 離婚・慰謝料請求・教育・養育費関連 > 離婚の慰謝料は一括それとも分割?【失敗しないためのポイントとは】

離婚の慰謝料は一括それとも分割?【失敗しないためのポイントとは】 - 2016.08.27(土)

結婚をして順調に結婚生活を送っていたというのに、どこで夫婦の歯車が壊れてしまうかわからないものです。

このまま一生離れ離れになることはないと思っていたというのに、相手が不倫をしてしまえば、元の夫婦関係に戻ることは難しくなります。

離婚をするなら慰謝料をもらう

許したつもりでいても、何かにつけて不倫をされて裏切られたことを思い出してしまうようでは、相手のことを信用できなくなりますし、そのような状態で暮らしていきたくはないでしょう。
もう一緒に生活をしていくことが出来ないと思うのであれば、慰謝料をもらう約束をして離婚をするべきです。

心に追った傷も、自分の人生を傷つけられ取り戻すこともできない部分も合わせて考えても、慰謝料をもらわなければ気もおさまるものではありません。

一括支払いか分割支払いか

お金

相手が原因で離婚をすることになるのであれば、話し合いによって慰謝料をもらうことが出来ます。
慰謝料の金額は相手の支払い能力に応じて考えたり、話し合いによって金額を決めていくことになります。

お互いが納得いく金額になり、金額も決まったのであれば、一括で支払ってもらうのか、それとも分割で支払ってもらうのかを決めなくてはなりません。
出来るだけ一括で支払ってもらう方がいいでしょう。

なぜ一括にする方がいいかというと、もしかすると相手が約束通り支払ってくれないかもしれないからです。
きちんと支払ってもらうことが出来なければ、いつまでも支払いされることなく、支払われていない金額は増えていくことになるでしょう。

分割にするときの注意点

どうしても一括では支払えないといわれれば、仕方ありませんので、離婚公正証書を作っておけば安心です。
離婚公正証書があれば、万が一支払いが滞ってしまったときには、給料の差し押さえなどをする効力があるものになります。
給料の差し押さえが出来るのであれば、支払ってくれない相手からも慰謝料をもらうことが出来ますので心配ありません。

しかし安心しきるのが危険なのは、相手が行方をくらましてしまう場合です。
仕事もやめて遠いところに引越されてしまえば、どこに行ったのかわからなくなってしまいます。
行方をくらまされてしまえば新しい職場も分かりませんので、給料の差し押さえが出来なくなります。

きちんと支払ってくれそうにない相手なのであれば、出来るだけ一括でもらうようにしておいた方が、これから先何年も、必要ない心配をしなくてもすむようになります。