結婚3年での離婚率60%以上!子供なし夫婦の離婚の原因とは

HOME > ニュース > 離婚・慰謝料請求・教育・養育費関連 > 結婚3年での離婚率60%以上!子供なし夫婦の離婚の原因とは

結婚3年での離婚率60%以上!子供なし夫婦の離婚の原因とは - 2016.08.02(火)

子供がいない夫婦の離婚率は、子供がいる夫婦より高いと言われています。
特に結婚3年の離婚率は60%となっています。
その原因とはいったいどんなことなのでしょうか。

子どもがいない夫婦

授かり婚が増えてきてはいますが、妊娠がきっかけにならずに結婚する人たちもたくさんいます。結婚をして1年以内に妊娠をする人も多いですが、あえて子供はまだ作らないという夫婦もいるでしょう。

妻がまだまだ働きたいとか、自分のやりたいことがまだたくさんあるなど、年齢が若ければ妊娠できる可能性はまだまだありますので、焦って子供を作らないものなのかもしれません。
しかし結婚をして3年で子供なし夫婦には、離婚の危険も迫っています
結婚してしばらくの間子供がいない夫婦は、離婚率が高くなっているからです。

子供なし夫婦の離婚原因

8--2

なぜ子供なし夫婦は離婚率が高くなるのかというと、子どもがいる夫婦とは違う原因があります。原因としては、お互いが自分の時間を大切にしすぎてしまい、夫婦としても時間をとることが出来なくなっている場合なのです。

子どもがいるわけではありませんので、夜遅くなっても特に気にする必要はありません。
子どもがいなければ数日間友人と旅行に行って家を空けることもできますので、妻も自分の時間を取りやすくなります。

結婚前と同じようにお互いが、自分の友人たちと変わらずに交流を続けていれば、家に帰ってもどちらかがいないということが増えてきます
それでは、無理に結婚をしている必要はありませんので、結婚生活に疑問を感じるようになるでしょう。

もしここで離婚をしたとしても、子どもがいるわけでもありませんので、金銭的な面でも話し合うことは少なくなります。
共働きで働いているのであれば、妻も別れてもすぐに自立をして生活をしていくことが出来ますので、特に問題はないのです。

無理に結婚生活を続けてストレスをためていくくらいであれば、すっきりと別れてしまい、お互いの人生を歩んだ方がいいという結論に至ってしまうこともあるでしょう。

どうすれば避けられるのか

離婚を避けるためには、子供を早く作る方がいいとも言えますが、子供を作ろうとしても授かることが出来ない夫婦もいます
この場合も原因になることがあるのです。

妻は頑張って妊活をしているというのに、夫が一切協力する姿勢を見せなかったり、妊活に対する考えが違えば、妻は別れて他の人と再婚をし、子供を授かりたいという思いが出てくることもあります。

子供なし夫婦には子供なし夫婦の原因がありますので、結婚をしたからには、お互いの気持ちを尊重したり理解していくようにしなければ、別れることにつながります。