離婚での親権について【母親の方が有利って本当?】

HOME > ニュース > 離婚・慰謝料請求・教育・養育費関連 > 離婚での親権について【母親の方が有利って本当?】

離婚での親権について【母親の方が有利って本当?】 - 2016.09.14(水)

親子が離れて暮らすことは、決して幸せなこととは言えません。
けれどももし夫婦間の絆を修復するのが困難であり、離婚することが決定的になってしまった場合に、双方が子供と生活したいと争いになってしまうことは、決して少なくありません。

家庭で子供のお世話をする役割

けれども両親のうちのどちらが親権を持つのかを争うことになった場合に、もし双方の話し合いで結論が出なかった場合には、裁判所での判断を求めることになります。
けれどもこうした判断が下される場合には、一般的には母親の方が有利だといわれています。

その理由は子供が成長する過程では、今後もさまざまな世話をする人が必要があり、そうした役割は一般的には母親が担当していることが多いからです。

食事や衣類の管理

子供の歯磨き

たとえば食事の世話や衣服の管理、入浴時の補助などについて考えてみても、父親が中心となって担当しているご家庭は少ないのではないでしょうか。
もし小さな頃から父親がこうした世話をし続けてきたご家庭であれば話は別です。

けれども母親がこのような世話をずっと行ってきたのであれば、今後もそうした世話は母親が続けて行った方が、子供にとっても良いだろうという判断が下されるためです。

もちろんすべての母親がこのような世話を行っており、子供もそうした生活を望んでいるという場合ばかりではありません。
そのため父親に親権が認められることも、もちろんあります。

子供の面倒を見る能力

たとえば妻の方が離婚を考えるようになった原因を作った有責配偶者であり、子供の面倒を見る能力がないという判断が下されることもあります。
そうなれば父親の元で生活する方が、子供にとって良いことであるのは間違いありません。

そのため離婚を巡って裁判所の判断を仰いだ場合に、浮気の証拠などを提出することができれば、父親側にとって有利な判断が下される可能性が高くなります。

探偵にこうした浮気に関連した証拠集めを依頼し、親権を勝ち取った父親も決して少なくありません。
一般的には母親が有利だとはいわれていても、実際には「今後どちらと生活することが、子供にとって幸せなのか?」ということを主眼に置いて裁判所での判断が下されます。

もし離婚することが避けられない状況で、お子さんの親権を持ちたいと考えているのなら、相手の側に離婚に至った原因があり、有責配偶者であることの明らかな証拠を握っておくことが、親権を争う際にも非常に有利になります。
そのためできるだけ早い段階から、探偵に相談してみると良いでしょう。