離婚調停の陳述書の公開【実際の陳述書を公開!?】

HOME > ニュース > 離婚・慰謝料請求・教育・養育費関連 > 離婚調停の陳述書の公開【実際の陳述書を公開!?】

離婚調停の陳述書の公開【実際の陳述書を公開!?】 - 2016.10.03(月)

離婚調停の陳述書をインターネットなどで公開することができるということをご存じでしょうか?
離婚というプライベートな内容を公開するのはなぜなのか、まとめてみます。

陳述書とは何か?

離婚調停で用いられる事が多いとされている陳述書とは、簡単に言ってしまえばどうして離婚する事になったのかその経緯や自分が離婚に対してどのような事を希望しているのかと言うところを詳細に記述したものとされています。

似たようなものとして申告書と言うものがありますが、こちらは陳述書を要約したものとなっているので書ききれない部分がある場合は陳述書に明記する事が望ましいとされています。

ちなみに申告書があれば用意する必要はないとされているのですが、述書は離婚調停に至る経緯を的確に伝えるだけではなく調停委員に理解してもらい賛同を得るのが最大の目的となっているのであった方が有利に離婚調停を勧める事ができるというメリットがあります。

陳述書を公開する理由とは?

資料として見る

離婚調停において利用した述書はインターネットなどを通じて公開することができるようになっているのですが、その理由として挙げられている中でも最も多いのが「ほかにも同じように悩んでいる人たちの助けとなりたい」というものです。

というのも述書の書き方に関しては自分たちで調べる事ができるのですが、見本となるものがないので本当に自分の書き方で合っているのかどうか分からないという人も多いです。
そのような人たちに向けて見本となるために公開されているという事が多く、ほかにもこのような理由で自分たちは離婚したのだという事を周囲に見せることで離婚に関する情報を提供したいと言う考えが多いようです。

ただしこの公開に関しては必ずしなければいけないというわけではないので非公開にすることもできますし、場合によっては許可されないという事もあるので事前にやっていいのかどうかを弁護士などに確認しておく必要があります。

公開するメリットとは?

陳述書を人の目に触れさせるということは周囲に自分が離婚した事やどのような事をされてきたのかなどを披露するということであり、それを恥だと感じる人も少なくありません。
ですが同じように離婚を検討している人たちにとっては上記で述べたようにどのように記載すればいいのかというお手本になりますし、自分たちがされていることでも離婚をすることが可能なのかどうかという目安にすることができます。

同時にこのようなことをすれば離婚される可能性もあるとけん制する事もできるようになっているので、考え方によっては離婚を防止するためのものとしてもメリットがあると言えるのです。