ペット専門探偵って?ペット調査って何をするの?

HOME > ニュース > ペット調査・無くし物・落し物調査 > ペット専門探偵って?ペット調査って何をするの?

ペット専門探偵って?ペット調査って何をするの? - 2015.02.15(日)

自分のペットが居なくなったときに、協力な助っ人となるのが『ペット専門探偵』。
探偵業界でも数が少ないので、あまり聞き慣れない謎の仕事。
今回はその実態と、調査の方法についてまとめていきます。

ペット専門の探偵って?

check01プロ中のプロ!ペットの習性を知り尽くした探偵!

探偵社の中には、ペットの捜索を専門にしている探偵事務所もあります。
こうした探偵社は通常の探偵社とは違い、捜索を行う調査員もまるで別物。
代表的な猫や犬をはじめとしたペットの習性を完全に熟知しており、たった一人でも確実にペットを見つけ出すだけの特殊な技術を持ち合わせています。

プロのペットの探し方って?

check01早期発見のためのポスター作成

ペット探偵の調査は、まずはペットの情報を得る所からはじまります。

・ペットの容姿や特徴
・性格
・好きな食べ物
・普段の行動範囲

などなど、探すペットに関する様々な情報を依頼人から集めます。

その後、調査の方針を決めながら、まずは早急にポスターの作成に取り掛かります。
このポスター作りは早期発見のために最も重要。
情報提供をうながすために配ったり、聞き込みに行く際に使用したりするため、調査開始前にかならず作る必要があります。
その間にも、どのような調査を行うのか?どこに居る可能性が高いのかを依頼人をまじえて協議します。

check01時には飼い主宅にも泊まり込む事も!

そしてポスターが出来れば、すぐさま調査を開始。
近隣での聞き込みを行ったり、ポスターを配布するなどして情報提供を呼びかけながら捜索。声を出しながら歩くなどして、ペットの反応を促します。
また、飼い主さんが居ない間に、一時的に自宅に戻って来る事もあるので、依頼人の家に泊まり込みながら調査を行う事もあります。

さらに、猫などは集会場などがあるため、そうした場所で長時間張り込んだり、周辺の野良猫や、仲の良かった猫などを尾行し、居なくなったペットと接触しないかどうかを確認したりもします。

また、そのペットの習性から、行きそうな場所などを訪れ、ペットが居ないかを探しだしたりもします。

ペットが見つかったら?捕獲の方法は?

check01ペットが見つかった場合には飼い主さんも協力!

もしも、居なくなったペットが見つかった場合には、餌などを使用して捕獲する事になります。
人懐っこい性格である場合には、猫じゃらしや、そのペットの好む道具などを使う事もありますが、基本は餌。

また、それでも駄目なら依頼人と一緒に捕獲。
やはり、ペットも飼い主さんが一番安心しますからね。

ただ、家出したペットは警戒心が高く、気が高ぶっている事もあり、飼い主さんでも警戒される事もあるので、そんな時はプロの出番となります。
ペット探偵社は専用の捕獲機などを持っているので、それを使用して見事捕獲する事になります。

015294まとめ

ペット調査を依頼するうえで一番のメリットは『24時間探し続けられる』という事。
特に、仕事などでペットを探す時間を得られない人にとっては心強い味方となるでしょう。

また、ペットに対しての知識が豊富で、捕獲に関しても経験豊富なプロにまかせるのは、やはり知り合いや友人に頼むよりもはるかに高確率だといえます。

ただ、それでもやはりペットを探すことを全て人任せにすることはできません。
ペット探偵は、あくまで飼い主さんのお手伝いをする立場。
保健所などへの連絡をはじめ、各行政機関への問い合わせなどは率先して行う方が良いでしょう。
また、ペットが見つかった際にも、本当にうちのペットかどうか最終的な確認を行うのも飼い主の仕事。

また、ペット捜索のためのアドバイスなどを行っている探偵社も多いので、たとえ依頼をしなくても、的確なアドバイスをしてもらえる所もあります。

大切なペットが無事に帰ってこれるためにも、最善の努力を尽くしましょう。