自動車のナンバーから本人を割り出す事は可能か?

HOME > ニュース > 所在調査・行方不明者調査 > 自動車のナンバーから本人を割り出す事は可能か?

自動車のナンバーから本人を割り出す事は可能か? - 2015.11.29(日)

探偵社のサービスの一つとして、車のナンバーから本人を割り出せると謳う探偵社が存在します。

しかし、一体どうやって探偵社は自動車のナンバーから持ち主を探す事ができるのか?
今回はその秘密について迫ってみたいと思います。

自動車のナンバーは運輸局から情報を入手?

探偵社が自動車のナンバーから所有者を割り出そうとするとき、その大半は運輸局から情報をもらうこととなります。

一昔前は、運輸局にナンバーの紹介をしにいけば、かなりどうでも良い理由でもその情報を教えてくれることもありました。
しかし、これはとってもグレーな調査手法となっているので、その内容に関してはかな危険な橋を渡っている探偵社も多いのです。

違法調査の可能性

探偵社が運輸局などから情報を手に入れることは、現在はほとんど出来なくなってしまいました。

なぜなら、個人情報保護法案の制定によって、運輸局の情報管理が厳しくなり、多少の理由では所有者を教えてくれなくなってしまったからです。

その結果、現在はどの探偵社も自動車のナンバーなどから所有者を割り出すような調査を行わなくなったほか、探偵業法の制定によって営業の取り消しの可能性も出てきたため、調査手法の一つとしても使われなくなりました。

しかし、現在でも幾つかの探偵社は自動車のナンバーなどから所有者を割り出すサービスを提供しています。

その詳しい手法に関してはっきりとはわかりませんが、おそらく次のような手法を用いている可能性が考えられます。

・車体番号の入手

現在陸運局では、ナンバーの他にも車体番号がわからなければ照会ができない仕組みとなっています。
そのため、なんらかの方法で車体番号がわかれば紹介も可能でしょうが、これにはかなりの違法性が予想されます。

・他業種の協力を得ている

例えば車のディーラー、弁護士、警察関係者や税務署関係者の協力が得られた場合には、その所有者を特定することが可能です。

ただし、弁護士などは正当な依頼以外でナンバーを調べることはできませんし、警察も捜査以外では調べることはできません。ディーラーや税務署関係者に至っては、ナンバーから車検証を調べることはできても、それを探偵社に教える事は明らかな違法行為でしょう。

・偽調を使う

その車の所有者になりすまして、陸運局などナンバーのわかる場所に電話し、情報を入手している可能性も考えられます。
ただ、この場合は明らかな違法行為となるので、その手法は決して褒められたものではありません。

クリーンな方法も存在する?

しかし、ナンバープレートから住所や名前などを調べる方法はこれだけに限りません。

例えば、ナンバーからおおよその住所だけは特定できるので、あとは周辺の店舗や住宅を調べ、該当するナンバーの車がないか探す事も出来るでしょう。さすがにこの手法は相当な労力が必要となりますが、決して不可能なことではありません。

また、そのナンバーの車を見かけた周辺で張り込みを行い、その車が通らないかを確認し続けると言う方法も取れなくもありません。

このように、合法的な方法によって調査をおこなっていることを願いますが、調査の効率だけを優先して違法調査に手を染めている探偵社も少なくないのが現状です。

こうした現状は、やはりどうにか改善しなければならない点ですが、依頼をする側も出来る限り違法性のある調査手法を取らざるをえないような依頼は慎んだほうが身のためかもしれません。