なぜ探偵?行方調査を依頼するメリットとは

HOME > ニュース > 所在調査・行方不明者調査 > なぜ探偵?行方調査を依頼するメリットとは

なぜ探偵?行方調査を依頼するメリットとは - 2015.03.06(金)

ご家族や知り合い、大切な社員が行方不明になった・・・。
行方調査を依頼すると、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

早期発見の可能性が高める

行方不明者の場合、もっとも危険なのは『自殺』を目的としている場合です。
そのため、失踪者が計画を実行するよりも先に発見できなければなりません。

しかし、警察では一般行方不明者の捜索を積極的に行うことは殆どなく、パトロール中等に偶然発見するのを期待する他ありません。

しかし、それだけでは早期発見は難しい。
そこで、探偵社の出番となるのです。

調査を依頼されると、すぐさま調査員達は必要な情報を集め、一度に複数個所への聞き込みや、失踪者に関する様々な情報収集に動きます。
また、ご依頼人の要望によっては、警察へより積極的な捜査を促すよう協力を仰いだり、失踪者に関係すると思われる人物達の調査や捜索協力を仰いだりします。

これにより、警察への届出という保険をかけつつ、より積極的な捜索活動を探偵という二つの捜査陣によって、より高い確率で行方不明者を発見できるわけです。

もし行方不明者が発見できなかったら?

もしも依頼された期間の間に行方不明者が発見出来なかった場合、その調査に関する全ての記録を報告書として提出する事になります。

報告書には聞き込みを行った場所や、調査を行った地域、ビラを配布した店舗などの情報が載っている場合が多く、聞き込みの内容なども詳細に記されているものもあります。

また、多くの探偵社が行方調査の調査料金に成功報酬制度を導入しているので、調査が失敗した場合には、調査料金の半額程度が返金される事が殆どです。

また、期間内に行方不明者を発見できなくても、調査を継続して行う事も可能です。
その場合は調査料金が余計に掛るわけですが、調査の方法や範囲を限定するなどして調査料金を抑える事も可能ですので、是非ご依頼の探偵社と交渉してみてください。

行方調査の料金とは?

行方調査の料金体系は様々ですが、基本的には20万円〜30万円を基本料金としている会社が多く見られます。

実際には、これらの費用に調査日数やその難易度や調査範囲によって大きく調査費用が変化していきます。

例えば、行方不明者が沖縄で出た後、北海道や海外に行ってしまった場合などは、調査範囲は日本全国となってしまうわけですから、当然のごとく料金は跳ねあがってしまいます。

また、調査期間も数日から数週間であればそれほどかかりませんが、一ヵ月以上となれば、当然それなりの金額がかかってきてしまいます。

ですから、実質確実に行方不明者を発見するためには、だいたい80万円前後の金額が必要になると思って良いといえます。

調査費用は多少融通が聞くことも

ただ、ここも当然融通が効きます。

自分で調査をしたり、調査の範囲や日数を予算に合わせて調整する事は、各探偵社ごとに可能です。
当然、そうした配慮は探偵社の営業マンがやってくれるでしょうが、もしもそうでなければ、ご依頼人の方から提案しても問題ありません。

また、やはり成功報酬制を導入している会社の方が安心です。
行方調査は100%発見できる調査でもないため、結局見つからないのにも関わらず、多額の依頼料が掛ってしまうのは避けたい所。
できるだけリスクを減らし、予算を無駄にしない依頼を心がけましょう。

ただ、やはりどのような依頼でも、行方不明になってからなるべく早い方が良いでしょう。
発見率はもとより、時間は行方不明者の命にも関わります。
早期発見のためにも、決断は早めに行いましょう。