人を探す前に必ず確認しなければならない4つの項目

HOME > ニュース > 所在調査・行方不明者調査 > 人を探す前に必ず確認しなければならない4つの項目

人を探す前に必ず確認しなければならない4つの項目 - 2015.07.01(水)

誰かの住所を知らなければならない場合、貴方はどんな方法を取りますか?
もっとも確実なのは本人から直接聞く事ですが、その相手の所在がすでに解らない場合には、自分の手で探すしかありません。

しかし、人探しというものはとてもデリケートな調査で、調査をする前にかならず確認しなければならない事があります。
もしもそれを怠ったり、無視した時には、絶対にその人物を探してはいけません。

人探しの問題とは?

考えるべき問題とは次の通りです。

・相手は自分に会いたいのか?
・一方的な好意から探していないか?
・探すべき相手と会って何をするのか?
・違法性は無いか?

もしも、これらの事を考えずに人探しを始めてしまえば、探している自分や相手が大きなトラブルに巻き込まれてしまいます。

相手は自分に会いたいのか?

これは人探しの時には最も重要な確認要素です。

もしも、探し出す相手が徹底的に自分を嫌っている場合には、その人物を探しだすべきではありません。

そういった人物は例え探し出せたとしても、その労力に報いるような結果をもたらすことはありませんし、相手を探した事で、向こうからプライバシーの侵害などで訴えられる可能性もあります。

そのため、トラブルの相手や過去にいざこざがあった相手などを復讐目的で探しだす事だけは絶対に避けましょう。

一方的な好意から探していないか?

これも程度の問題ですが、あまりにも自分の好意が強すぎる場合には相手を探さないほうが懸命です。

これは個人が行った場合、ストーカー規制法案の対象となりえる事もあるので、本当に連絡先が解らない相手を無理をして探しだしてしまうと、それだけで相手にストーカーと思われかねません。

また、この様なストーカー行為は自覚無くやってしまう事も多いので、客観視は大変難しい所かもしれませんが、「相手に迷惑がかかる」と思ったのなら、その時点で辞めておいて、新たな好意の対象を探した方が無難でしょう。

探すべき相手と会って何をするのか?

探すべき相手と会った後、何をするのか?どんな目的を果たしたいのか?

こういった事を探す前に確認しておかないと、もし会えたとしても大きな後悔を招く恐れがあります。

例えば、とにかく会って昔話をしたい程度ならトラブルも起きないでしょうが、会った後に危害を加えたいと考えているようならば、絶対に調査を行ってはいけませんし、復讐に意味はありません。早々に忘れて、新しい人生を楽しんでください。

違法性はないか?

調査の内容や、探し出す相手との関係性によっては、法律にふれるような事も多いにあり得ます。

一般の方が人探しをする場合、つい人探しに夢中になりすぎて、うっかりと法のラインを越えてしまう事があるのですが、そのせいで逮捕されてしまっては元も子もありません。

調査をあせって法を犯す事だけは絶対に避けましょう。

まとめ

自分で人探しを行うにしても、探偵社に調査を依頼するにしても、まずは必ず探し出す相手の気持ちを考えてあげてください。

もしも自分と会う事で相手が傷つくようなら、その時点で調査は諦めた方が良いでしょう。
人は時折自分の気持ちに正直なあまり、相手の気持ちを考えられない時もあります。

まずは一旦冷静になり、頭を冷やして、本当に調査が必要なのかどうか?相手は自分と会った時にどなるのか?を考えておきましょう。

得に探偵社は高額の依頼料が掛りますし、例え会えたとしても酷い結末を迎えるようなら、初めから依頼しないほうが自分の為です。