超能力での人探しをする番組について【本当に見つかったことあるの?】

HOME > ニュース > 所在調査・行方不明者調査 > 超能力での人探しをする番組について【本当に見つかったことあるの?】

超能力での人探しをする番組について【本当に見つかったことあるの?】 - 2016.08.13(土)

もしも我が子など、大切な身内が一人でも行方不明になってしまったとしたら、当事者としては非常に心配であるに違いありません。
きっとあらゆる手段を用いて探し回り、一日でも早く見つけ出したいと心の底から強く願って最大限の努力をすることでしょう。

そんな時、もしも超能力による人探しのテレビ番組などがタイムリーに放映されるとしたら、藁にもすがる思いになるかもしれません。

出来ることは何でもする気持ち

とにかく人探しとは、決して簡単なことではありません。それは警察などのプロであっても基本的には同じことです。実際に警察が組織的に熱心に探したとしても、手がかりすら見つからないことも少なくはないのです。

そんな時、残された家族は「探すためには出来ることなら何でもする」という精神状態になるものです。ですから普段なら信用しない超能力のような不可思議な番組でも、そうした切羽詰まった精神状態になると、信じてみる気持ちになっても当然だと言えるでしょう。

当事者の真剣な気持ちを尊重すべき

8--13

それゆえに超能力による人探しの番組については、たとえ個人的には胡散臭い話のように感じたとしても、それでも当事者の真剣な気持ちを第一に尊重すべきです。
ゆえに、出演している人たちを決して馬鹿にしたりしてはいけないでしょう。

また、そうしたテレビ番組に対しても、「あんなの嘘に決まっている」などと決めつけるのも良くないでしょう。実際、世界中の超能力の全てが嘘や出鱈目だという証拠はないのです。そして稀なケースではありますが、本当に人探しが成功したケースだって、世界中の何処かには存在しているのです。

かつて確かに国内でも成功例があったが

昔、実は日本においても民法の或る番組で、外国人の超能力者による人探しを取り扱ったことがありました。その際、行方不明となっていた一人の人を発見したことがありました。それは大きな話題となったのですが、残念ながら、その人は遺体で発見されました。

もちろん、それは単なる偶然なのかもしれません。
番組内での捜索中、たまたま遺体が発見されたに過ぎない可能性も十分に考えられることでしょう。しかし偶然だと決めつけることは出来ないでしょうし、本当なのかもしれません。きっと真相は誰にも分からないのかもしれません。

いずれにしても、人探しなら、真相不明な曖昧なものに頼るより、やはり確実性の高いプロに頼んだほうが現実的と言えるでしょう。決して超能力などを全て否定するわけではないとしても、それを盲進するのはリスクが高いと考えるべきなのではないでしょうか。