結婚調査を探偵に依頼して損をしない方法

HOME > ニュース > 素行・行動・身辺・結婚調査 > 結婚調査を探偵に依頼して損をしない方法

結婚調査を探偵に依頼して損をしない方法 - 2017.02.17(金)

恋人との結婚が決まったら嬉しい気持ちになるのは自然ですが、相手の分からないことや不安なことがあれば、このまま信じて良いのか戸惑うこともあるかも知れません。
そんなときは、相手の身辺について探偵に調べてもらう方法があります。
結婚調査の内容にも色々ありますが、損をしないようにするにはどうしたら良いでしょうか。

結婚調査をすることの意義

恋愛中はお互い自分たちだけの関係ですが、結婚となると家同士の結びつきにもなります。
お互いの仕事や交友関係、家族関係についても知っておきたいところですが、どちらかが都合の悪いことを隠していたり嘘をつくことがあるかも知れません。

後になって借金があったり浮気の事実が発覚すれば時すでに遅しです。
事実を正確に把握するにはプロに頼むことも一つの方法です。
損をしないためにも、調査の内容を確認して本当に必要かどうかを見極めることが大切です。

契約内容と費用を明確にしましょう

プロに任せる前に、住所、勤務先、友人、家族に関することや休日の過ごし方など、相手の情報を、一つでも多く自分で集めるようにすることをお勧めします。
事前情報があれば、プロも相手についてさらに調べやすく、効率も上がります。

お勧めしたいのは、契約を結ぶときは完了する着地点を決めておくことです。
業者が勧めるがままに必要以上に調査を長引かせてしまっては大損です。
業者を選ぶときは、費用が高すぎる、会計が不明瞭なところは辞めておいたほうが無難です。
かといって低額すぎるところも気をつけたほうが良さそうです。

当然ですが、プライバシーや秘密を厳守してくれるところでなければ意味がありません。
不明点があれば、些細なことでも親身に相談に乗ってくれる業者がおすすめです。

調査したからこそ得られる安心があります

少しでも心配なことがあれば、結婚調査をしたほうが良いのではないでしょうか。
なぜなら、相手に疑わしい気持ちを持ったまま結婚生活に突入しても、夫婦の関係が悪化するリスクがあるからです。
現実を受け止める覚悟があれば、相手のことを深く知りさらに愛情が深まることもあるかも知れません。

探偵が調べるというと、あら探しのイメージを持つ方もいらっしゃるかも知れませんが、良い結果が得られることもあります。
たとえば相手がとても誠実な人だった、仕事熱心だった、家族が素晴らしい方だった、といったことが判明すれば、損をしないどころか安心して結婚に前向きになれることでしょう。