婚活リスク回避の為?結婚の為の調査が流行している原因とは

HOME > ニュース > 素行・行動・身辺・結婚調査 > 婚活リスク回避の為?結婚の為の調査が流行している原因とは

婚活リスク回避の為?結婚の為の調査が流行している原因とは - 2015.10.01(木)

婚活サービスのリスクとは?

婚活サービスのリスク幾つかありますが、代表的なリスクは次のものが上げられます。

1『相手の素状がわからない』

婚活サービスを利用するためには、身分証等を提示する事が義務付けられている場合が殆どですが、その身分証を見る事が出来るのはサービスの提供者のみです。

そのため、利用者同士は相手の住所や職場、家族構成を確認する事が出来ないので、自身の身分を偽る男女が大変増えています。

2『詐欺師の温床となっている』

保険金詐欺や結婚詐欺などを行う詐欺師にとって、婚活サービスは獲物を物色するための格好の狩り場として利用されています。

結婚願望の強い男女は、相手と十分な恋愛期間を経ずとも結婚してしまう傾向にあるため、自身に恋愛感情が無い事を悟られたくない詐欺師にとっては絶好のカモです。

また、婚活サービスは資産の多い熟年層の利用者も多いのも問題でしょう。高齢者を狙う詐欺師は大変巧みに異性を騙すので、婚活サービスで詐欺被害にあった事すら気が付いていない人も多いと言われています。

3『浮気目的の既婚男性の利用者が多い』

婚活サービスに登録するためには、当然『独身者』である事が前提条件となっています。

そして、独身者である事を証明するには、住民票や戸籍を提示する必要があるのですが、そうした書類の提示を求める婚活サービス提供者は殆ど存在しません。

そのため、半ばただの『出会い系サービス』となってしまっている婚活事業が横行しており、浮気や不倫を目的とした既婚者が集まって来る事があります。

こうした人々は、自身を独身者だと偽って相手に不倫関係を強要させるため、気が付いた時には不倫関係になってしまっており、相手を騙して罠にはめる悪質な行動です。

婚活サービスのリスクを回避するために

婚活サービスのリスクを回避するためには、相手の素状を確認するしかありません。

そのためには、相手の素状を保障してくれる様な大手の婚活サービスを利用したり、出来るだけ地元で開かれる婚活イベントに参加するなど、相手の素状を確認しやすい状況を自ら作って行かなければなりません。

しかし、相手の職場や、資産状況、既婚の有無などを正確に確認するための法案は存在しないため、質の悪い婚活サービス事業者は今後も増え続けてしまうでしょう。

探偵社ではどのような調査を行えるのか

婚活サービスで出会った異性の素状を調査する事は、結婚を目的とした調査となるため、『結婚調査』といわれる調査項目に該当します。

結婚調査の場合は、尾行によって相手の勤務先や自宅を調べる必要があります。

また、張り込みを行う事で自宅周辺を監視し、家族構成や同居者の有無などを調べる事が可能で、聞き込みを行う事で周辺からの風評を集め、どの様な人物であるのかを調べます。

結婚調査の費用は?

結婚調査にかかる費用の相場は20万円前後だと言われています。

ただ、結婚調査は尾行や張り込みを行う『行動調査』にあわせて、周辺からの評価を調べる『周辺調査』の2つを行わなければ、完璧な調査とはいえませんので、もしも完璧な調査を行おうと思うのならば、30〜40万円程度はかかると思って良いでしょう。

しかし、探偵社によっては10万円程度から調査を請け負っている所もあるので、安さを重視する方であれば、そうした探偵社に依頼してみるのも良いかもしれません。

まとめ

結婚によって人生が大きく変わってしまう事を考えれば、そのためのリスクを回避するのは当然の事なのかもしれません。

多少システマティックすぎてロマンに欠ける話なのですが、『婚活』という言葉が流行してしまっている以上、結婚にロマンも何も無くなってしまったのかもしれませんね。