ストーカー撃退法について【プロに聞く対処法をご紹介】

HOME > ニュース > ストーカー犯罪・盗聴犯罪 > ストーカー撃退法について【プロに聞く対処法をご紹介】

ストーカー撃退法について【プロに聞く対処法をご紹介】 - 2016.08.16(火)

魅力ある人物であると、時にはストーカーにより悩まされることがあります。
ストーカーの場合には、気になった人に対してかなり執着してしまう習性があるため、ストーカーに気づいたとしても、簡単に撃退できるものではありません。

下手なことをすると、かなり危険な行動にストーカーがでることもあるので、対処するにはかなり慎重に対策をする必要があるでしょう。

できるだけ周りの人に協力してもらう

まず、外出時には極力人気の多い場所を通ることや自宅までのルートもできるだけ明るい通りを中心に行動するようにしましょう。
また、家族や友人、知人にも自分の状況を説明しておき、できるだけ一人にならないようにするために協力してもらうことも大切です。

また警察にもしっかりと状況を説明しておき、何かあった場合の対処法などを詳しく聞いておくことも大切です。

個人情報をネットに流さない

パソコン

また、ストーカーは、インターネット上での執着をする場合があります。
個人を特定されてしまうと自宅や本人の行動を把握してしまうこともあるので、対処法としてインターネット上では極力自分の情報を公開しないことが最も重要なことです。

チャットやその他にもさまざま方法で他人や不特定多数の人と交流することができるため、インターネットは便利ではありますが、どのような人がインターネット上にいるのかはわかりません。
お互い顔も見せずにさまざまな情報をやり取りするため、相手にあわせて会話をしていると、自分の個人的な情報などもかなり相手に知られてしまうこともあるでしょう。

相手はこちらの情報を集めたいため、さまざまな話をしてそこからうまく個人情報を調べるために誘導的な会話をしてくることもあります。
自宅や自分自身に関する情報は、インターネット上では極力出さないことも大切なことです。

下手に相手を刺激しない

また、ストーカー撃退法として、粘着されても相手をあまり刺激しないように行動をすることも大切です。
下手に相手を気にしている、警戒している状態がストーカー側にわかってしまうと、より相手の気をひこうと行動を起してしまうこともあります。

また、インターネット上で粘着された場合でも、下手に相手に対して強い言葉を使って反論したりはしないようにしましょう。
ストーカー撃退法としては、ある程度無関心をよそおうことも必要です。

また、それでも粘着が酷い場合には、対処法として警察に詳しくその状態を説明して、警察にも自分の周囲を守ってもらえるように頼むのもストーカー撃退法としては有効です。