ストーカーから逃げる方法【絶対やってはいけないこととは?】

HOME > ニュース > ストーカー犯罪・盗聴犯罪 > ストーカーから逃げる方法【絶対やってはいけないこととは?】

ストーカーから逃げる方法【絶対やってはいけないこととは?】 - 2016.08.20(土)

ストーカーから逃げる方法について考えてみましょう。
世の中の凶悪事件を見てみると、ストーカー行為からエスカレートして事件に至った例がたくさんあります。
これはストーカーから逃げる方法としてやってはいけないことをした可能威勢が高いと言われています。

具体的にやってはいけないことを紹介しましょう。
あなたがストーカーから逃げる方法を模索しているのであれば、注意深く読んでください。

相手との接点を断とうとすること

やってはいけないことの一つ目は、相手との接点を断とうとすることです。
電話を着信拒否にするとか、引越しをすることは誰もが思いつくことですが、これは火に油を注ぐことになるケースが多いのです。
ストーカーには常識的な判断力がありません。
逆切れして凶行に及ぶリスクが高くなります。

それから相手に嫌われようとすることもやってはいけないことです。
最初のうちは恋愛感情を持っているからストーカー行為をしているのですが、だんだんと意識が変わってきます。
何のためにストーカーをやっているの変わらなくなるのです。

相手は狂人です。冷静な判断を求めてはいけません。
わざと嫌われたふりをしているのではないかと思ってしまうのです。

知人に間に入ってもらうこと

断る

それから、知人を間に立てて説得しようとすることもストーカーから逃げる方法としては逆効果です。
私たちは狂人に対して、まっとうな方法で対処しようとしてしまいます。それが大きな間違いないのです。

正常な判断をしてくれないのですから、こちらも常識的な対応をしても無駄です。
まずは警察と探偵事務所に相談してみましょう。
警察ではどこまで対応してくれるかわかりませんが、探偵事務所なら積極的に対応してくれるはずです。
もちろん、お金はかかります。

撃退しようとすること

全国でどれくらいの人がストーカー行為で迷惑をこうむっているのでしょうか。
新聞やニュースになるのは氷山の一角です。

現代は携帯電話やスマホが普及していますから、いろいろなところから情報を入手することができます。
相手から逃げることは容易なことではないのです。
逆に逃げるのではなく撃退することを考えているかもしれません。
しかし、生命の危険も生じますから、決してやってはいけないこと
になるでしょう。

相手から逃げたとしてもどこまで行けばいいのかわかりません。終わりがないのです。

自分は安全なところにいると思っても、実際にはストーカーには見つけられているかも知れません。
そう考えるだけで不安な気持ちになってくるはずです。決して安心できないのです。