探偵社は法律の相談にも乗ってくれるのか?

HOME > ニュース > 探偵について > 探偵社は法律の相談にも乗ってくれるのか?

探偵社は法律の相談にも乗ってくれるのか? - 2016.02.24(水)

浮気調査を依頼する人の中でも、離婚を意識して調査を依頼する人にとって不安なのは、「いかに相手と上手く離婚できるか」でしょう。

そんな時、頼りなるのはやはり弁護士ですが、弁護士への法律相談というのは、探偵社なみの料金がかかるので、探偵社と弁護士事務所の双方に代金を払うと、離婚のための費用は軽く100万円を超えてしまうかもしれません。

では、離婚に関わる法律相談を探偵社で行えれば、その費用は削減できるのでは?

そう考えているのは何も貴方だけではないので、今回は探偵社で出来る法律相談に関して詳しく説明させて頂きたいと思います。

法律に関する知識の提供

まずはじめに断っておかなければならないのは、探偵は法律の専門家ではないということ。
そして、法律に関する手続きや示談交渉は弁護士の分野であるということです。

この点は、探偵社も弁護士もきちんと住み分けをしていますし、お互いの利益を守るためにも必ず守らなければならないことなので、どんな探偵社であろうとも、示談交渉や法的な手続きを代行していません。

しかし、探偵は調査関連の法律はもとより、離婚に関する法律の知識が豊富なのが当たり前であり、それは調査を行う上での必須知識といっても過言でありません。

例えば、浮気調査をする際に手に入れるべき証拠の種類や、現状からどのような調査を行えば、離婚を有利に進められるかといった判断を下すためには、民法770条を代表とした各種家事事件に関わる法律が欠かせません。

そのため、探偵社では新人の調査員には必ずそうした法律の知識を必ず教えて調査に生かしていたり、年に2回ほど定期的に法律に関する勉強会や研修を行っている探偵社もあります。

アドバイスを求めることは可能

この様に、法律に関わる知識を持っている探偵社から、離婚に関わるアドバイスを受ける事は可能です。

相談出来る内容は次の通りとなっている事が多いでしょう。

・離婚を有利にできる条件
・離婚のために必要な証拠の種類
・慰謝料請求に必要なもの
・調停や裁判を有利に進めるための方法

ただし、何度もいうようですが、探偵社は法律のアドバイスは行えますが、それを代行できるわけではありません。

出来る事なら、探偵社と弁護士事務所を併用してもらったほうが間違いがありませんし、離婚問題が悪化しているようなら、法律の専門家である弁護士を頼るのが一番理にかなっています。

しかし、費用の関係で弁護士を雇う事ができなかったり、そこまで問題が悪化していないようであれば、探偵社からのアドバイスを元に行動するだけでも、問題をクリアできる可能性があります。

離婚問題に関わる法律相談のしかた

探偵社で行っている法律相談は、主業務ではないため、基本的には調査を依頼した後のアフターフォローとして行っている所が殆どです。

ですが、良心的な探偵社であれば無料相談の段階で法律の相談にのってくれたり、法律的な問題をクリアして離婚を有利に進めるための調査プランを提案してくれる所もあるでしょう。

このような探偵社は、大抵は相談員の教育を十分に行えるだけの資本と時間的余裕を持っている企業となるため、その殆どは大手探偵社に限られてきます。

特に離婚問題に強く、相談員にカウンセラーなどが多い探偵事務所、または弁護士との関係が深く、法律問題に多く関わってきた探偵社に依頼するのがベストなのかもしれません。