スピード?加速?探偵が好む車とは

HOME > ニュース > 探偵について > スピード?加速?探偵が好む車とは

スピード?加速?探偵が好む車とは - 2015.03.31(火)

探偵にとって車両は絶対になくてはならないもの。

しかし、車といっても色々あります。
セダン、ワゴン、RV、トラック等など・・・・

そんな数ある車の中から、今回は探偵に好まれている車についてご説明させて頂きます。

探偵が車に求める条件とは?

探偵が車に求める最低限の条件は『地味である』という事。

なんといっても、目立たない事が一番求められる条件なので、色は黒、白、シルバーなどの一般的な色が好まれます。

また、ボディの形状もあまりに突飛なものや、カッコ良すぎて目立つようなものは使われません。ごくごく普通で、どこにでもあるような車である事が、探偵にとっては一番使い勝手の良い車なのです。

一番人気のコンパクトカー

近年、探偵に最も好まれているのがコンパクトカーです。
どこでも見かけて、目立たず、起動性も高い事から尾行には最適であるとされ、多くの探偵社が尾行用にコンパクトカーを使用しています。

ただ、車内が狭いので張り込みがしにくいのが欠点かもしれません。

張り込みに便利なワンボックス

大型のワンボックスは、車内がとにかく広いので、機材や調査員の運搬、長期間の監視活動などに適しています。

特に張り込みのしやすさは抜群で、車内の座席の位置などを工夫して、監視用のカメラを設置し、モニターを見ながら数人で監視する事もできます。

ただ、車体が大きいのでコンパクトカーに比べて目立ってしまうのが欠点。
張り込みに関しても、道路が狭い場所ではまったく使えないので、どこでも運用するわけにはいかないでしょう。

静かで安心のハイブリットカー

近年急速に販売台数を伸ばしているハイブリットカーは、発売当初は大変探偵に好まれました。

なぜなら、ハイブリットカーはアイドリング中になると、エンジン音がほとんどしません。
これは探偵にとっては大きなアドバンテージで、特に住宅街での張り込みではエンジン音が目立つため、冬でもエンジンを切る必要がある事もありました。

しかし、このハイブリットカーの登場によって、張り込み中でもエンジンを付ける事が可能になりました。
また、長期間の調査で問題となる「給油のタイミングを逃してしまう」といった事も、ハイブリットカーの登場でずいぶん解消されました。

check01ライトバン

道路工事の作業員などが乗るライトバンも探偵には好まれる車です。
一見して、どうみても社用車といった見た目なので、そのあたりに停まっていても「工事か何かあるのだろうか?」と思われ、警戒されずにすみます。

check01バイク

都心部の探偵にとっては、もはや必需品といって良いのがバイク等の二輪車です。
渋滞が多い都内での尾行は信号などで無駄な失尾をしてしまう事がおおく、車だけで尾行するのはかなり難しいです。

しかし、バイクは車の間をすり抜けていけるので渋滞知らず。
例え原動付き二輪車であっても、渋滞の真っただ中ならフェラーリよりも速いのです。

015294まとめ

探偵が好む車にも色々ありますが、その中でも重視されているのが、

『地味である事』
『起動性が高い事』
『居住性が高い事』

などです。

とくに『起動性』と『居住性』は両立しない事が殆どですから、通常はコンパクトカーやバイクなどの起動性の高い車両と大型のバンやワンボックスの二台を使い、現場によって投入方法を変えていくのが一般的です。

とにかく、派手で目立つような車は避けるのが普通なので、ばかデカイRV車や、ド派手なスポーツカーなどは絶対に使われないと思って良いでしょう。