浮気の可能性は女性の方が多く、キャリアウーマンほど浮気をする?

HOME > ニュース > 浮気・不倫について > 浮気の可能性は女性の方が多く、キャリアウーマンほど浮気をする?

浮気の可能性は女性の方が多く、キャリアウーマンほど浮気をする? - 2015.07.09(木)

ジョリス・ラマーズ教授の研究グループがインターネットを用いたアンケート調査を行った結果、浮気経験のある1500名以上の男女の過去の経験人数は、男性が1.5人に対して、女性は2.6人と、実は女性の方が2倍以上の経験人数がある事がわかったのです。

さらに、ジョリス教授の最新の研究によると、どうやら男性、女性共に社会的地位が高いほど浮気をしやすい傾向にあり、女性の社会進出が進めば、さらに女性の浮気率は上がっていくのだとか。

浮気症は男性特有の病気であったり、インテリ層に浮気は少ないと考えられてきた過去の概念を大きく覆す結果となりましたが、探偵からすればこの研究結果は相当妥当性が高いものだと思わずになりません。

女性の方が浮気率が高い?

女性の方が経験人数が多いというのは確かに間違いないでしょうし、別に探偵でなくとも、良く考えれば当然の事だと理解できます。

まず不倫についてですが、自分に正式なパートナーがいるにも関わらず、不倫相手を求める人間は圧倒的に男性の方が多いのは間違いありません。

しかし、実際に不倫をしている人間となれば、そこには当然、男女二人で一組となります。
つまり、不倫カップルが10人いれば、不倫をする男性も10人、女性も10人。当然のごとく、ここでは男女の数はイーブンとなります。

では、浮気相手の経験人数はどうかというと、積極的に浮気をしようとするのは男性の方が多い分、浮気相手を探すのは女性の方が有利となります。

つまり、女性が浮気相手を探そうと思えば、男性よりも遥かに簡単に相手を探せてしまうため、1人でも何回も浮気を繰り返してしまえるという訳なのです。

社会的地位が高いほど浮気をしやすい理由は?

これには様々な要因が絡んできますし、一概に一つの理由には絞りきれないかもしれません。
不倫を行うには、当然モテなければなりませんし、容姿が良くなければ、モテる要素として、男女ともに社会的地位が必要でしょう。

また、不倫を行うにもそれなりの経済力が必要な場合もありますから、富裕層の方が浮気をするだけの時間とお金を捻出しやすいかもしれません。

しかし、社会的地位の高い人間が浮気をする原因の中でもかなり根深いものは、自分自身に対して強いプライドを持っているからかもしれません。

社会的地位が高い人は良く人を見下す癖がある事はご存じでしょうが、これも彼らが他人よりも強いプライドを持っているか、もしくは自尊心を保ちたいと願っている為です。

しかし、このプライドというものは時には害を及ぼすもので、自分に自信があると人は、時折根拠の無い万能感に浸ってしまい、社会的規範やルールや、他者にたいする思いやりも失った結果、優れた人間であったはずの人々がまるで動物の様にむやみな性的欲求に突き動かされて行動してしまうのです。

これは当然、男女共に起こりえる現象で、『女性の社会進出が進めば、それだけ女性の浮気率も上がる』というのは、かなり的を得た意見だと思われます。

ステイタス問題

探偵として多くの不倫・浮気問題を見てきた中で、社会的地位の高い人間達の間では、浮気や不倫そのものを、ある種の『ステイタス』と考えている人と何度か出会った事があります。

これは企業の社長さんや、ある組織のトップにいる人間に共通して見られる現象ですが、これにはその人物以外にも、周りの人間から悪影響を受けている場合も沢山あります。

例えば、実際にあった事例としては、ある社長さんと友人の社長さん同士が、『どんな相手と浮気をしているのか』をお互いに競いあっている事がありました。

正直いって、生理的にかなりキツい内容だったので話は殆ど聞けずじまいだったのですが、浮気や不倫を増長させる人間というのが、トップ層には沢山居る様です。

これは恐らく女性にも言える事ですし、もしかしたら、女性の社会進出が進んでいくと、まるで浮気相手をコレクションの様に見せびらかす醜悪なゲームに興ずる女性達も出てくるかもしれませんね。

まとめ

女性の浮気率が高いのは間違いありませんが、それは決して女性の方が浮気をする人数が多い訳ではありません。

しかし、社会的地位の高い人間ほど浮気をする確立が高まるのは間違いないでしょうが、そういう人間は、本来は優れた能力を持っているはず。その能力を良い事に使わないと、後で取り返しの付かない事になりかねません。