浮気調査を依頼した後、調査報告書はどうしたらいいのか?

HOME > ニュース > 浮気・不倫について > 浮気調査を依頼した後、調査報告書はどうしたらいいのか?

浮気調査を依頼した後、調査報告書はどうしたらいいのか? - 2015.10.02(金)

浮気調査をした後、当然その探偵社から調査報告書が手渡されるかと思いますが、この調査報告書をどうするのか迷われる方が大変多いです。

実際に浮気の事実があった場合にはそれなりに使い道がありますが、浮気の事実が見つからず、対象者がシロであった報告書が送られてきた場合にはそれこそ処理に困ってしまいますよね。

そこで、今回は探偵社から送られてきた調査報告書の処理方法について解説していきたいと思います。

万が一の事を考えて保存しておく場合

たとえシロの報告書だとしても、その利用方法は幾つか考えられます。

1『他の探偵社に依頼をする場合の資料として』

例え浮気の証拠が取れていなかったとしても、後々再び浮気疑惑が浮上した場合には探偵社に調査を依頼する事があるかもしれません。

その時に、以前に行った調査報告書があれば、探偵社に詳しい調査の経緯を説明する手間がはぶけるでしょう。

また、その報告書に警戒行動があったなどの記載があれば、探偵社は前回の調査にどのような問題があったのかを分析し、発覚を回避するための調査プランを組み立てやすくなるので、警戒心の高い対象者でも依頼を引き受けてくれる可能性が高まります。

2『自分で調査を行うために』

探偵社の調査というのは、行動の詳しい時間、内容、写真が添付されているので、自分で調査を行うのにも大変参考になります。

ただし、危険な調査だけは厳禁ですので、くれぐれも無理だけは禁物ですよ。

調査報告書の保存方法

調査報告書の保存方法はどんな方法がベストなのか?
それにも幾つかのやり方があります。

1『貸金庫を使う』

探偵社の調査報告書は家族の誰にも見られてはならないため、自宅以外に保管したほうが安全です。

その場合、もっとも安全なのが銀行の貸金庫です。
銀行ならば、よほどの事が無い限り自分以外の人間が金庫を開ける事ができませんので、報告書を安全に保管しておく事ができます。

ただ、遺産相続となると話は別ですので、晩年にはかならず金庫の中身を処分しておく事をおすすめします。

2『自宅に保管する』

自宅に保管する場合は、自分以外の人間が絶対に触れられない場所に仕舞うのがベストです。

そのためには、机の中などは絶対にだめです。

なにかの拍子に開けられたり、場合によってはうっかり調査報告書がある事を忘れて、自室に物をとってくる様に、家族に自分の机を開けるよう指示した結果、報告書がみつかってしまった例もあります。

では、いったい何処に隠すのが良いのかといえば、それは一般の書類にまぎらせて報告書を仕舞うのがベストです。

例えば、誰も見ないような雑多な仕事書類の束を集めて、その中に調査報告書を入れてしまいます。それが終われば、あとは書類といっしょに段ボールに詰めて押入れの中にしまってしまいましょう。

こうすれば、家族はけっして段ボールの中身に興味を示しませんし、段ボールの中をみても、わけのわからない書類ばかりがつまっているので、問題の調査報告書もスル―するというわけです。

処分するには?

調査報告書をどうしても処分したい場合には、基本的にはシュレッダーにかけて燃えるごみとして出すほかにありません。

この場合には、できるだけ通常のシュレッダーではなく、より複雑に紙を裁断するクロスシュレッダーを使う事をおすすめします。

調査報告書はその文面が大変特殊なので、様々な人間の興味を引いてしまう可能性があるので、文字や写真を完璧に解らなくするため、丁寧にシュレッダーにかける様にしましょう。

まとめ

大金を支払って手に入れた調査報告書を捨てるのはもったいないですので、出来るだけ取っておいた方が良いでしょう。

それに、その後も使う可能性が高いので、なるべく安全な場所でありながら、取り出そうと思えば取り出せる場所にしまうべきです。

ただ、発覚を恐れすぎて土中に埋めてしまうのだけは駄目ですからね?