過去の浮気調査を行う事は可能なのか?

HOME > ニュース > 浮気・不倫について > 過去の浮気調査を行う事は可能なのか?

過去の浮気調査を行う事は可能なのか? - 2016.03.12(土)

現在行われている浮気調査を頼むのは普通ですが、依頼者の中には過去に行われた浮気について調べてほしいという依頼もあります。

こうした依頼には幾つかのパターンがあるので、自分がそのパターンに当てはまっているかどうかをまずは確認してみましょう。

過去の浮気調査のパターン

過去の浮気調査を行ってほしいという依頼は、次の2種類に分ける事が出来ます。

1.過去に浮気をした相手と今でも会っているのか知りたい

浮気によって負ってしまう精神的な傷は、消して完全に癒えることはありません。
そのため、過去に浮気が発覚して、関係が終わったはずの浮気相手と、今でも裏で繋がっているのではないかと不安になる依頼者は多いです。

ただ、これはただの思い過ごしとはいえません。
この様な依頼を受けて調査を行った結果、実際に過去に浮気をしていた相手ともう一度浮気をしていることは多いです。

2.過去の浮気の証拠を手に入れたい

浮気をしていた事実が判明したものの、すでに浮気相手とは会っておらず、すでに無罪放免となってしまう対象者は少なくありません。

この様な対象者を野放しにしておくのは、依頼者の心情からすれば耐えがたいものであり、なんとかして過去の浮気の証拠を手に入れて、相手に突きつけてやりたいと考えている人もいます。

また、離婚をしたいと考えた場合でも、不貞行為(配偶者以外の異性との性行為)を立証しなければ一方的に離婚をする権利は得られないので、過去の浮気調査を行い、浮気の証拠を入手して慰謝料を含めた離婚協議を進めたいと考えています。

過去の浮気調査を行うのは可能か?

過去の浮気調査を行うことは、通常の調査ではまず不可能です。
なぜなら、裁判や調停に必要な離婚の証拠とは、性行為が行われた事が推測できる映像、音声でしか証明できないという現状があります。

例えメールの文面に、性行為を行ったと推測できるような文章があったとしても、実際に性行為が行われたかどうかは解らないため、ただの状況証拠となります。

しかし、次の方法を使って証拠を入手することは可能かもしれません。

過去の浮気の証拠を手に入れる方法

過去の浮気の証拠を手に入れるには次の方法を使えば、なんとか上手くいくかもしれません。

・DNA鑑定

現在流行しつつあるDNA鑑定による浮気調査では、下着などに付着した異性のDNAデータを検出することが出来ます。

この調査を行えば、1日か2日前に浮気をした程度であれば、下着から異性のDNAデータを手に入れる事が出来るかもしれません。

また、DNAは自室のベットや車の中からも検出可能です。
この時、精液などの性行為中にしか検出されないような成分が見つかれば、過去の性行為を立証することが可能かもしれません。

・本人達が撮影したベットでの写真

不倫カップルには、お互いの愛の証拠を写真や映像などで残す事があります。

このようなデータは不倫関係が終了したときに消し去られる事が多いですが、中にはそうした映像や写真を思い出として残している人もいるので、そのような映像証拠が手に入れば、過去の浮気を立証する証拠として十分な効力を発揮するでしょう。

こうした証拠は本人の携帯、もしくはパソコンの中などに残されている事が多いです。

また、本人はデータを消していても、浮気相手はそのデータを残している可能性がありますので、証拠入手のために過去の浮気相手と交渉してみるのも良いかもしれません。

まとめ

・過去の浮気調査は難しい
・過去の浮気を立証することは可能である
・過去の浮気はDNAや写真などから立証することが可能である

これ以外にも、本人の供述をもって過去の浮気を立証することが可能ですので、浮気についての話をしはじめたら、その音声を録音すると良いでしょう。