浮気は環境改善で無くなる?掃除好きが浮気されない訳

HOME > ニュース > 浮気・不倫について > 浮気は環境改善で無くなる?掃除好きが浮気されない訳

浮気は環境改善で無くなる?掃除好きが浮気されない訳 - 2015.03.05(木)

「掃除をしない女は浮気をされる」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
昔から良く言われる言葉ですが、家事を疎かにすると男性が離れていってしまうという事なんでしょう。

では、本当に掃除をしないと男性は浮気をするのか?
実は、これにはそれなりの理論が存在しているのです。

割れ窓理論

惑われ理論とは、建物の1つの割れたガラスを放置しておくと他のガラスまで割られていって建物は荒廃したようになるという理論。
つまり、一か所でも荒れていると、そのほかの部分もどんどんと荒廃していってしまうというものです。

実はこの理論は様々な場所で実証されており、かなり信憑性の高い理論と言われています。

代表的な物でいえば、ニューヨークで行われた治安対策。
犯罪多発都市NY市では世界有数の大都市ながら、その犯罪率もかなり高い事が悩みでした。

しかしこの割れ窓理論を応用し、市内を整備し、地下鉄の落書きを消すなど都市の景観を良くしていった所、なんとたった5年間で殺人が67.5%、強盗が54.2%も減少したと言います。

この成果を受け、世界各国で治安対策のためにこの窓割れ理論が使われはじめました。
日本では都内の犯罪発生数ワースト1で有名だった足立区がビューティフル・ウィンドウズ運動を実施。町の景観改善に取り組んだ結果、平成24年には37年ぶりに1万件を下回り都内ワースト脱却したのです。

浮気=犯罪?

浮気は犯罪ではない!という言葉をよく聞きますが、仕組みは犯罪と同じです。
「いけない」とわかっていながら「やってしまう」のですから、当然、誰もが心の中で浮気を悪い事だと自覚しています。

そのため、部屋が汚いというだけで「悪い事をしても良い」ような気をおこさせてしまい、浮気を発生させる原因となってしまうのです。

ストレスも浮気の原因

散らかっている部屋は、それを見るだけで人をイライラさせてしまいます。
男性はあまり部屋の綺麗さに無頓着であると言われますが、男性はもともと狩猟本能が強く、家の掃除に無頓着というだけで、決して汚いのが好きというわけではありません。

そのため、当然仕事から帰ってくる家が汚ければ
「なぜ妻は掃除をしないのか……」
と思うもの。

掃除を夫婦分担でやっていたとしても、旦那さんのほうが掃除ばかりしていては『妻はまったく仕事をしていない』と、ストレスばかりを募らせてしまいます。

すると、ここでも自然と窓割れ理論が発生し、「妻がその役目を怠っているのだから、自分も夫としての役目を怠って良い」と考えはじめ、身勝手になってしまい、無駄な浪費や浮気に走ったりしてしまうのです。

部屋を綺麗にすれば、夫婦も変わる

部屋を綺麗にすることは、何も旦那さんの為だけではありません。
貴方にとっても部屋を綺麗に保つ事でストレスが減り、常にすがすがしい気持ちでいられます。

また、部屋が綺麗になると旦那さんも家に帰りやすくなるので一石二鳥。
互いに無駄なストレスをぶつけたりすることも無くなり、夫婦円満な家庭生活を送りやすくします。

015294まとめ

人は自分の意思で悪い事を行うよりも、その環境に左右されて行う事のほうが多いのです。

浮気もまた同じで、浮気に走りにくい環境さえ整えば、殆どの人が浮気に走らないもの。また、部屋を綺麗に保つ事は互いにストレスなく過ごすための重要な要素でもあり、夫婦の愛情を深めるためにも、やはり掃除は大切なのです。