不倫をする男性は突然死の可能性大?浮気大国イタリアで警告発令

HOME > ニュース > 浮気・不倫について > 不倫をする男性は突然死の可能性大?浮気大国イタリアで警告発令

不倫をする男性は突然死の可能性大?浮気大国イタリアで警告発令 - 2015.06.04(木)

不倫をしている男性の死亡原因について研究していたイタリア・フィレンツェ大学の研究者らがの報告によれば、まじめな既婚男性よりも、不倫をしている男性の方が突然死する確率が極めて高いとのこと。

たしかに、不倫の最中によく起きるとか言われている『腹上死』は昔から囁かれてきた噂ですが、これを真面目に研究していたグループがあったなんて。その辺りはさすが遊人大国イタリアとでもいうべきでしょうか

性欲が強すぎると死ぬ!?

不倫をする男性が最も遭遇する死因は血液に関係するもので、中でも動脈閉塞や血管の破裂が原因なんだそうです。

しかし、これは別に性行為中の運動が原因という訳ではないのだとか。
どうやら、動脈内に溜まる脂肪が血流の流れを乱してしまい、それが突然死の原因につながるそうです。

しかもこの脂肪(脂肪プラーク)が溜まる量は性欲の強さが影響しているとも言われているのだとか。
不倫大好き中高年は、当然性欲の塊みたいな人間ばかりですが、その精力の強さとは裏腹にかなり危ない病気も抱え込んでしまうみたいですね。

妻を裏切るとストレスで死ぬ!?

そしてこれも衝撃的な研究結果なんですが、同大学の研究によれば、浮気や不倫をしている男性のうち、『妻を愛しているが不倫がやめられない』と答えた男性の方が、その他の男性と比べて圧倒的に心臓発作の発生率が高まってしまうのだとか。

中高年の男性にとっては相当ショッキングな事実かもしれませんね。

心臓発作の確率が高まる要因としては、どうやらストレスが大きく関係しているとのこと。意外と知られていませんが、不倫行為にはストレス要因となるものが大量に含まれていますし、そのストレスは不倫相手が若ければ若いほど溜まりやすいとも言われています。

若い不倫相手を持つと死にやすい?

不倫相手が若いと、男性側に発生するストレスは段違いに高くなります。

まず一番に上げられるのは、不倫相手を性的に満足させなければならないとプレッシャーです。

年齢差のある不倫カップルを見て居ると、いざ行為に及ぶ前に男性側が大量の栄養ドリンクを購入する姿を良く目撃しましたが、栄養ドリンクを飲んでまで頑張らなければならない程、高齢男性にとって性行為とは体力を要するものなのです。

しかし若い女性は体力的にも十分余裕があるため、性行為を何度も相手に求めます。

これに答えるために努力する高齢男性は「相手を満足させなければ・・・」というプレッシャーに常に悩まされており、日常で感じるストレスも不倫をしていない男性より遥かに高いという訳です。

食生活の乱れ

さらに、若い異性と不倫をする高齢者は食生活にも大きな乱れが出てきます。
お酒を飲みすぎてしまったり、食事も若い女性の好みに合わせなければなりません。

若い人の好むものといえば、比較的高タンパク高カロリーなものばかりですし、塩分も高め。
こんな食事を中高年も続けてしまうと、あっという間に健康に害をきたしてしまい、突然死へと繋がってしまいます。

不倫は健康にも悪い?

いくら若い女性が好きだからといって、不倫関係にまで発展してしまえば、あとは死へと加速度的に近づいていくのですから、もう倫理観や道徳観という次元の話ではありませんね。

特に奥さんを愛しているのに不倫が止めれないという人は、ほかの不倫者よりも死亡率が高いですから、自分の健康を考えればすぐに不倫関係を解消した方が良いでしょう。自分の大切な奥さんと末長く生きてください。