本当にあったカエル少年失踪事件が恐ろしい

HOME > ニュース > 事件・事故・その他の犯罪について > 本当にあったカエル少年失踪事件が恐ろしい

本当にあったカエル少年失踪事件が恐ろしい - 2015.05.15(金)

カエル少年失踪殺人事件と1991年に起きた集団失踪事件です。

韓国では有名な殺人事件で、華城連続殺人事件、イ・ヒョンホ誘拐殺人事件と合わせて、韓国三大未解決事件と呼ばれる事もあります。

事件の詳細

事件が発生したのは1991年3月26日の事。
この日は、韓国の議会議員選挙でもあり、国民の休日でした。

その休日は子供達にとっては何よりも楽しみな日でもあり、城西小学校に通っていた少年達6人も、その日は皆で遊ぶ計画を立てていました。

子の日、失踪した6名の子供達はキム・チョンシ(9才)、バク・チャンイン(10才)、ギム・テリョン(10才)、キム・ヨンギュ(11才)、ウ・チョルォン(13才)、チョ・ホヨン(12才)。

彼らが集まったのは午前8時頃。
チョ・ホヨン君の家に集まり、少年達は休日を謳歌していました。

ところが、近所に住んでいた若者に「お前達うるさいぞ!よそで遊んでこい!」と怒られてしまいました。

そこで少年達は臥竜山に向かい、そこに住むサンショウウオの卵を取りに行くことにしました(これが後に誤って伝わり、カエル少年という名前が付く事になったのです)。

しかしこの時、仲間の一人であるキム・テリョン君は朝食を食べに一度家に戻る事となり、その後、朝食を食べずに家を出てきていたので、一度家に戻ることにした。

残りの5人は臥竜山に向かったのですが、その後、この山に行くのが遅れたテリョン君はこの失踪事件で唯一の生存者となるのです。

捜索

その後、臥竜山に登った子供達は、午後6時を過ぎても帰って来ませんでした。

さすがに子供達の両親達は心配になり、辺りを捜索しましたが結局見つからず、午後7時30分に警察に通報しました。

そして、警察と両親は山の周辺を隈なく捜索しましたが、結局見つからず、翌日の午前3時に捜索はいったん打ち切られました。

その翌日、この事件はメディアによって韓国全土に広まっていきました。
その結果、当時の韓国大統領も事件を無視できなくなり、特別指示として韓国全土の警察と軍人を総動員し、未だかつてない程の大規模な捜索活動をおこなったのです。

ところが、それほどの捜索活動も虚しく、結局5人の子ども達を見つけることはできませんでした。

しかしその後・・・

少年達が失踪してから11年が過ぎ、世間もカエル少年達の事を忘れかけていた2002年9月26日の事、この日、例の臥竜山にドングリを拾うために登ったハイカー達は、偶然山の中腹で5人の遺体を発見してしまいました。

その後の司法解剖の結果、遺体で見つかった5人の少年たちは全員「鈍器や凶器による他殺」であると判断されたのです。

しかし、それ以上の証拠は発見できず、事件はそのまま2006年3月26日に時効となってしまいました。

事件の疑問点

1.警察の不可解なミス

このカエル少年失踪事件には、いくつかの疑問がありました。

まず、失踪時目撃談にも不可解な事がありました。

実は事件発生時、山に入る少年達を見たものたちは多くいたのですが、その中の一人である5人の少年と同じ城西小学生に通っていた小学4年生のハン・スンフン君は、失踪した少年達と同様、臥竜山に入りサンショウウオの卵を探していました。

その時、スンフン君は山頂付近から悲鳴を聞いており、その声は10秒間隔で2回ほど繰り返したと言います。

ところが、それでも警察は当初、子供達は『自発的な家出をした』と判断し、それほど熱心な捜索を行っていなかったのです。

また、国中の警察官を動員した大規模な捜索が行われた時には見つけられず、10年後に偶然どんぐりを拾いに北ハイカーに発見されたのも不可解な出来事でした。

なにせ、臥竜山は高さ300メートルも無いほどの小さな山であり、周辺の子供達が当たり前のように遊びに入れるほどの規模しかなかったのです。

2.5人の子供を一人で襲えるのか?

もしも山間に身をひそめた犯人が5人の子供を襲ったとしても、彼ら全員を確実に殺す事が可能だったのでしょうか?

相手は体力のある子供で、さらには山に慣れていました。
たった一人の大人が相手であれば、例え1,2人は殺されたとしても、残りの子供はそのまま山を下りれば助かった可能性の方が高いはずです。

3.遺体の場所と、オオサンショウウオの住む場所が違う

少年達はこの山にサンショウウオの卵を取りに出かけましたが、この山にサンショウウオが住むのは、山の正面側の中腹でした。

しかし、遺体が発見されたのは山の反対がの中腹で、サンショウウオの住処とはまるで正反対の場所だったのです。

まとめ

韓国史上最大の失踪殺人事件と知られており、多くの人々がこの事件の解決に挑みましたが、未だその犯人については推測の域を出ていません。

だれが?なぜ?どのようにして子供達を殺したのか?
現在でも、カエル少年達の死は謎に包まれたままです。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談