職場のいじめで訴えるべき相手は個人?会社?

HOME > ニュース > いじめ調査 > 職場のいじめで訴えるべき相手は個人?会社?

職場のいじめで訴えるべき相手は個人?会社? - 2017.01.10(火)

職場でのいじめは、ある意味で学校などでのいじめよりも陰湿である、とも言われています。
この理由に関しては、大人のいじめは陰険に行われること、立場が上などである場合には、「指導」と称していじめを行ってくる場合があるためです。

そのため、仕事の範囲内である、と言われれば、相手を訴えたいほどの精神的苦痛を感じても、なかなか相手を訴えることが出来ません。
このように職場でいじめを受けた場合には、どのように対応するのが良いのでしょうか。

職場のいじめで訴えるべきはまずは会社

職場において、陰湿な嫌がらせを受けた場合には、まず訴えるべき相手は会社となります。
この理由に関しては、精神的苦痛を受けた際に、「管理者」がしっかりと対応をしなかった、という理由から「管理者」を在籍させている会社が、まずは訴えるべき相手となります。

もちろん、管理者自身が敢えて退職をさせるように仕向けている場合にも、当然、管理者が訴えるべき相手となりますし、会社側を訴えることで、その会社への不信感も増しますので、社会的にも効果がある、とされています。

個人をもちろん、訴えることも可能

相手が誰であるのかが分からない場合には、探偵を使って、依頼を行うことも必要になってきます。
この場合には、当然、「精神的苦痛」を被害者はともなっていますので、依頼をすることは問題ありません。
「精神的苦痛」を受けた、ということは相手に「死」を連想させるものであるため、非常に重要なものになります。

また、証拠をつかむためにも、このような依頼を行うことは必要になってきます。

悪質な場合には探偵に依頼を

昨今、会社でのいじめにより自殺をされる方が後を絶ちません。
これは、会社でのいじめが本格化していると同時に、「成果主義」という名のもとに、成果をあげることが出来ない人間は排除してもいい、という風習が、会社によっては出来上がってしまっているからです。

このように、悪質な場合には、ぜひ、探偵に依頼をすることで「どのような酷い嫌がらせ」などを受けたのかを、証拠に残しておくことが必要となります。

これは、裁判で勝つ上でも欠かせないものであり、同時に証拠があれば、訴えるべき相手も言い逃れというものが出来なくなります。

また、同時に嫌がらせをした社員、訴えられた社員というものは、それだけでも社会的に信用を落としますので、訴えるべき相手がシラを切ることのできないように、証拠をつかんでおくことは、とても大切なことになります。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談