離婚での親権について【専業主婦でも親権は取れるの?】

HOME > ニュース > 離婚・慰謝料請求・教育・養育費関連 > 離婚での親権について【専業主婦でも親権は取れるの?】

離婚での親権について【専業主婦でも親権は取れるの?】 - 2016.09.13(火)

専業主婦の方が離婚をする際に、収入がないということで、親権をとるのが難しいと考えられる方も多いですが、実際のところ、親権の条件は収入が条件ではなく、子供を幸せにすることができるかということが基準となるためです。

相手に落ち度があれば親権が認められる

専業主婦の方の場合でも、子供を育てるに当たって、世話や教育環境を整えるという点で、母親がいた方が子供が幸せになれるという考え方が判断基準の根本にあるため、専業主婦の方でも、子供を育てようとしているかという点が判断基準の最優先事項となります。

子供の年齢は1歳から5歳までが一緒に住み、育児をしている母親の方が有利と言われており、さらに、相手方に落ち度がある場合も、親権が認められます。
子供を育てるためにふさわしい環境と誠意があるということの主張をして、認められることで、親権を得やすくなります。

また、健康状態が良くない場合、精神的に不安定な部分がある場合や、性格が異常であるというような場合も、親権を争うにあたってふさわしくないという判断をされてしまうため、肉体的にも精神的にも健康の維持をしっかりとしておき、アピールすることが大切です。

子供の意思も尊重される

中学生

また、子供の意思も判断基準となります。
家庭裁判所の調査官が子供の意思を調査し、特に15歳以上の子供の場合には、裁判所で本人の意見を聞く機会が与えられ、基本的に本人の意思が尊重されるため、子供への信頼を獲得することができます。

子育てにさくことができる時間も重要な判断基準です。
親族などに預けるのではなく、子供と一緒に暮らすことができる子供を優先させるライフスタイルに変更することも必要となり、子供を育てるための時間を作ることができるかもとても大切です。

離婚をする際には、弁護士などに相談し、準備をして、経済的にも独立して、保育園や仕事なども決めて準備をしておき、いつ離婚をしても生活に困らないようん時しておくことが大切です。

調停での振る舞いも見られる

調停での振る舞いも親権を得ることができるかどうかの分かれ目となります。
最終的には子供の意思が最優先されるため、普段から子供とどのように接してきたかということが見られることが見られることになります。

離婚の調停員も人間なので、同情を買うことができるか、子供を愛していたかをしっかりと伝え、また、調査するポイントを意識して準備をしておくことも重要となります。
先に述べたことをしっかりとアピールすることが子供と一緒に住む権利を得るためにはとても重要なことです。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談