家出人を探す方法について【自力・警察・探偵に依頼?】

HOME > ニュース > 所在調査・行方不明者調査 > 家出人を探す方法について【自力・警察・探偵に依頼?】

家出人を探す方法について【自力・警察・探偵に依頼?】 - 2016.08.14(日)

家出人を探す方法というのは、いくつかありますが、それぞれ特徴がありますので、それらを把握しておくと、どういった方法をとれば良いか決めやすくなるものです。

人によって資金の問題や時間の問題など色々と事情があるでしょうから、それに合わせて家出人を探す方法を選ぶようにすれば、精神的にも肉体的にも負担が少なくて済むと言えるでしょう。

自力で家出人を探す方法

まず一つ目の方法ですが、自力で探すという方法です。
家出をしたのが身内の人間であれば、その人の性格や行動パターンはある程度わかっているものです。ですから、心当たりのあるところを回っていけば、手掛かりがつかめる場合もあるでしょう。

しかし、そういったところを回っても一切手掛かりがなかった場合には、お手上げ状態になってしまうものです。
そうなった時には、ビラを作成してみつけ出すという方法もありますが、その場合にはそれなりに枚数がないと効果が期待できません。

しかし、そうするとまずは作成するのに結構な時間がかかりますし、印刷代というのもかかってきますから、体力も時間も費用の負担も大きくなります。

インターネットが普及している世の中ですから、ソーシャル・ネットワーキング・サービスを活用するという手もありますが、こちらもそれなりに手間がかかりますし、有力な情報ばかりとは限らず、肩透かしを食らってしまい、気力がもたなくなってしまうこともあります。
仕事をしている人は、仕事をしながら探すというのも大変なものです。

警察に協力してもらう

8--15

家出人を探す方法には、警察に依頼するというものもあります。警察は何かと頼りになる存在ですから、期待できると思いがちですが、民事不介入といって、事件性がないと積極的に動いてくれないという部分があるため、早期解決につながることが期待できないのが残念なところです。

また、家出人というのは全国から依頼があるもので、その依頼に対して捜査員が足りていないといった厳しい現実もあるので、他の方法を考えておくことも大切です。

探偵に依頼して探してもらう

自力でもなく警察にもお願いしないとなった場合に選ぶ一般的な手段が、探偵への依頼です。探偵会社であれば、すぐに動いてくれますし、経験豊富で全国にネットワークがある会社もあるため、頼もしいものです。

ただし、探偵の場合は結構な費用がかかります
みつかるのが遅ければ、それだけ費用負担が大きくなり、300万円ぐらいかかることもありますから、このへんは注意が必要です。

とはいえ、他の方法だと精神的にも体力的にも負担が大きすぎたり、効果が期待できなかったりしますから、そういったことも考えながら決めると良いでしょう。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談