家族がとつぜん行方不明になってしまった時にやるべきこと

HOME > ニュース > 所在調査・行方不明者調査 > 家族がとつぜん行方不明になってしまった時にやるべきこと

家族がとつぜん行方不明になってしまった時にやるべきこと - 2017.02.27(月)

家族が突然失踪し、行方不明者となってしまった場合、誰もが慌ててしまい、適切な対応をとるということができなくなります。
警察に行くにしても、どのような手続きを踏めばいいのかなど知っておくことが大切で、早急に対策を講じることが求められます。

行方不明者にも種類がある

警察に行方不明者届というものを提出することが求められますが、これを出せるのは行方不明者の親権者、配偶者などの家族のみです。
提出する際には行方不明者を特定するための個人情報や特徴、行方不明となった状況や日時、その原因、発見した場合の対応をどうしてほしいのかなどを伝えることになります。

場合によっては特異行方不明者という扱いとなり、事件事故に巻き込まれている可能性や子供などの年少者だった場合に特別な対応が求められることになります。
行方不明者は年間8万人にも及び、最初の1週間で8割近い案件が何らかの解決を見せるため、すぐに動かなければなりません。

探偵にすぐ依頼すべき理由とは

子供などが行方不明になる場合や老人がいなくなる場合ではその危険度はかなり異なります。
行方不明になってからその日のうち、もしくは翌日あたりであれば生存率は高いものの、それ以降になると急激に生存率が下がってしまいます。
特に夏場や冬場は体調の急変が起こりやすく、すぐに動き出すことが求められます。

警察に依頼を出すことと併せて探偵にも依頼を出すことで細かいところまで捜索することができるようになります。

家族が行方不明になると、視野が狭くなり、捜索範囲もかなり限定してしまうことで見逃してしまうケースが出てきます。
そうしたことを探偵はよく分かっており、依頼主からの話をしっかり聞いたうえで独自に捜索に乗り出すこととなります。

警察は何もしてくれないと思うべし

警察に行方不明者届というものを出したとして、親身に対応をしてくれるものの、必死に探してくれるということはあまりしません。
もちろん、事件に巻き込まれた場合などは別ですが、通常の家出などでは職務質問などで注意しながら対応はするものの、その程度のことしかしません。

市役所の防災無線などで行方不明になった家族の服装などを紹介してくれるということはありますが、行政ではそれが限界です。
警察に頼むことも大事ですが、それとは別に捜索してくれる業者に依頼を出し、様々な可能性から行方不明になった家族を捜すということが求められ、早急に見つけ出すことが重要です。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談