ストーカー被害を警察に頼って解決を目指すメリットとデメリット

HOME > ニュース > ストーカー犯罪・盗聴犯罪 > ストーカー被害を警察に頼って解決を目指すメリットとデメリット

ストーカー被害を警察に頼って解決を目指すメリットとデメリット - 2017.02.09(木)

ストーカー被害にあっている方が真っ先に相談しにいくのは警察署だと思います。
警察署で担当部署に行きストーカー被害を解決を目指すことのメリットとデメリットを考えてみましょう。

メリットとデメリット

まずメリットです。
1、短期間で解決を目指せる
2、被害者保護の観点から、加害者を逮捕してくれる
3、重大事件へ発展するリスクを軽減できる。

次にデメリットです。
4、事件性が高いことをつたえなけなればならない
5、ストーカー規制法に該当していることを証拠として提出しないけといけない
6、被害届又は告訴状を作成して提出しなければならない

それぞれを詳しく検討していきましょう。

警察は早期解決をしたがる

1、警察の組織力により問題が長期化することがなく、短期間で解決をすることができます。
ここが一番のポイントです。
恐怖から脱却を図ることができます。

2、被害者をできる限り保護する事を目的としている組織でもあるので、加害者に対して厳重注意や逮捕するなどをしてもらえます。
被害を食い止めようとしてくれます。

3、早期に相談をすることでストーカー殺人事件など重大事件に発展するリスクを大幅に軽減することができます。

4、警察は事件性が低いと判断した場合には組織が動くことはありません。
被害者が事件性が高いことをある程度立証しなければなりません。

5、被害者もある程度の法律知識を頭に入れておかなければなりません。
積み重ねた証拠を提出していかないと、説明だけでは伝わらない場合もあります。

6、加害者を特定できている場合には、被害届又は告訴状を被害者が作成して提出をしなければなりません。

このように警察は事件を早期に解決しようと動いてくれる組織です。
しかし一度事件性が低いと判断されてしまうと覆すことは非常に難しくなるのも事実です。
つまり、早期に相談をしておいた方がよいものの、事件になるまで秒読み段階とならないと動いてもらうことができないのも事実です。

探偵という選択肢

そこで注目したいのが探偵の存在です。
事件性が少しでも感じられるのであればすぐに行動を起こしてもらえます。
また探偵事務所によっては警察署に被害者と一緒に行き事情を説明してくれる場合もあります。

まずは探偵に相談をしてみることも重要です。
相談をすることで気持ちにゆとりが生まれ、日々の生活を楽におくることができるようになります。
ひとりで悩み続けていても、ストーカー被害はますますエスカレートするだけです。
気持ちや考えを打ち明けて明るい未来をめざしましょう。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談