ストーカー禁止法とは【どんな内容?どうすればいいの?】

HOME > ニュース > ストーカー犯罪・盗聴犯罪 > ストーカー禁止法とは【どんな内容?どうすればいいの?】

ストーカー禁止法とは【どんな内容?どうすればいいの?】 - 2016.08.19(金)

ストーカー行為は、状況が悪化すれば大きな事件に発展してしまう犯罪です。
被害者からすればストーカーが処罰されれば安心してしまいがちですが、再犯も少なくありません。
被害者自身が知識を持って犯罪抑止に努めることが大切になります。

ストーカー禁止法とは

ストーカー禁止法につて説明しましょう。
正確な名称はストーカー行為等の規制に関する法律です。
一般的な意味で考えればストーカー行為をしてはいけませんよ。
したら逮捕されますよということです。

ここで重要なポイントはストーカー行為とは具体的にどのような行為なのかということです。
つきまといを反復して行えばストーカー行為となります。つきまといとはいくつかのパターンがありますが、その厳密な法解釈よりも、恋愛感情を持って付きまとうことが重要となります。

つまり、恋愛感情がなければストーカー行為とはみなされません。
もちろん、どのような形で感情を表に出すかは人によって大きく異なります。
ただ、すべての行為がストーカー行為とはならないことを知っておきましょう。

ストーカー行為を避けるには

不審者

ストーカー禁止法によって、警察に訴えればそれですべて解決すると思っているならば、それは大きな間違いでしょう。
つまり、警察ではその内容を十分チェックして、対応しなければならない状況なのかを判断することになります。
この判断は非常に難しいといえます。それはどこまでがストーカーではなく、どこからストーカーなのかの線引きがあいまいだからです。

法律の内容を読んでみればわかります。
ただ、この法律が作られた背景には被害者を救済することができなかった反省がありますから、内容を充実させることによって被害者が出ないような社会の仕組みを作ることが重要となります。

ストーカー禁止法で処罰されるケース

ストーカー禁止法で処罰された犯罪者が再犯に及ぶケースは少なくありません。
つまり、実刑を受けても改悛の傾向がみられないのです。
これは他の犯罪者よりも悪い傾向にあることがわかっています。

したがって、警察に訴えて、逮捕されたからといって安心できないことを意味しています。
それならば被害者は永久にすくわれないではないと思う人もいるでしょう。
ストーカーに対して直接対応するのではなく、探偵社などを活用して犯罪抑止に努めることが現実的です。
そのための費用を国が負担することも内容の一部として明記されています。

これらの法律の内容をよく読んでおくことをおすすめします。
ただ、すべてを一般の人が把握することは現実的ではありませんから、専門家に依頼するべきでしょう。
弁護士や探偵社などに相談すれば、アドバイスをしてくれるでしょう。
その他の対応についても検討しましょう。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談