ストーカー対策の要。実は4つに分けられるストーカーの分類とは?

HOME > ニュース > ストーカー犯罪・盗聴犯罪 > ストーカー対策の要。実は4つに分けられるストーカーの分類とは?

ストーカー対策の要。実は4つに分けられるストーカーの分類とは? - 2015.07.13(月)

現在、世界中の司法機関が使用しているのは、2004年にオーストラリアの研究機関が発表した『ストーカー・リスク・プロファイル』の改訂版ですが、すでにストーカーの分離は多様化が進み過ぎて、このマニュアルだけでは完全な対応が難しくなってきています。

しかし、ストーカーをタイプごとに分類して対処する事は今でも有効的な方法ですし、相手がどんな人間か解れば、ストーカー被害者の恐怖心も多少和らぎますので、今回は現在のストーカーの分類についてご初回したいと思います。

ストーカーは4つのパターンがある

現在の所、ストーカー行為のパターンは以下の4種類に分けられるとされています。

1.復讐型
2.攻撃型
3.好意欲求型
4.自己欲求型

これらの4つの行動パターンが存在する以上、それぞれのパターンごとに対策が必要なってきます。

復讐型

現在、一般的なストーカーと呼ばれる多くがこのタイプに当てはまります。

復讐型と呼ばれる人間達は、基本的には相手にフラれた事から、再び関係の修復を迫るために何度か元パートナーとの接触を図ろうとします。
しかし、相手に拒絶され続ける事で自尊心が傷つけられて行き、次第に好意であったはずの執着心が復讐心へと変わるとされています。

このタイプのストーカーは放置しておけば自然とストーカー行為がエスカーレートしていくので、最終的には殺人事件にまで行きついてしまいます。

日本では『三鷹ストーカー殺人事件』の犯人がこのタイプに当たり、元パートナーへのリベンジポルノ流出など、明らかに過激な行動が目につく様になります。

攻撃型

攻撃形は、初めから相手への攻撃が目的で接近し、執拗な嫌がらせを繰り返すタイプです。

攻撃形の特徴は、そのターゲットとなりえる人物が無差別である事。隣の住人や、通りすがりの通行人、もしくは店の店員やインターネット上の知り合いなど、比較的距離の遠い人物に限定してストーカー行為を働きます。

このストーキング好意にはサディスティックな欲求を満たしたいという強い行動原理が働いているため、いやがらせは執拗で残忍。

相手を恐怖に陥れる事を目的としたものが多く、玄関に嫌がらせをしたり、鳥の死骸などをベランダに投げ入れるなど、悪質なものが多いです。

しかし、こうした行為が殺人にまで発展したケースは殆どなく、ストーカーもターゲットをコロコロと変える癖があるため、嫌がらせの悪質さに比べれば安全な部類かもしれません。

好意欲求型

とにかく自分に振りむいて欲しいがために、何度も相手に接触して、求愛的な行動を繰り返します。

この場合は、ラブレターの様なものを家に送りつけたり、自宅周辺に現れて相手を監視したり、贈り物を送ったりといった行為を繰り返します。

これは動物的な求愛行動の延長線上にあるため、理性では辞めたいと思っていても、体が勝手にストーカー行為をしてしまっている人が殆どです。

また、相手が自分を避けている事と、自身のストーカー行為に対するストレスが重なった結果、ストーカー相手を殺害し、自身も自殺してしまうケースが珍しくありません。

自己欲求型

他者との共感が薄く、他人とのコミュニケーションに問題があるような精神疾患、若しくは精神障害が発生している人物に多くみられるタイプです。

自己欲求形の特徴は、自身の妄想に合わせて、現実への認識を歪めてしまう点にあり「相手も自分の事を好きだ」と錯覚するほどの強い妄想性障害があったり、相手との関係性や感情を認識する能力が極端に低い場合があります。

このタイプはよくテレビで見る著名人に対して、激しい行為を抱きやすく、凶悪なスター・ストーカーになるタイプが殆どです。

このタイプは引き起こす犯罪も派手なものが多く、中には好きな女優にプロポーズをするため、大統領を暗殺しかけた者までいる程。ストーカーの中では最も早い対処が必要な相手となります。

まとめ

これらの4つのタイプにストーカーは分類できますが、正確にはそうハッキリと別れている訳ではなく、幾つかのタイプが混合している人物が殆どです。

しかし、必ず一番強烈に現れている行動特性があるため、そこからストーカーのタイプを割り出し、対処策を考えるのが最も有効な対処方法であると言えるでしょう。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談