自分で出来るストーカー対策

HOME > ニュース > ストーカー犯罪・盗聴犯罪 > 自分で出来るストーカー対策

自分で出来るストーカー対策 - 2015.03.11(水)

ストーカーの被害に遭っている方の苦しみは、他の人には計り知れないものがあり、心に大きな痛手を負っている方も多いはずです。

もう何年も前、平成12年5月にストーカー規制法が制定されましたが、ストーカーによる被害が減ったといったニュースはいまだに流れてきません。

なぜなら、実際のところ、ストーカー規制法には他の法律と同じように多くの落とし穴が存在しているからです。

ですから、ストーカー対策は警察に訴えれば解決するといったような簡単な問題ではありません。
ストーカーの被害に遭わないように、また、ストーカーを逮捕するためには、自分自身でもストーカー対策が必要なのです。

では、どういった対策をすればよいのでしょうか。

自分で出来るストーカー対策

1. 個人情報の管理はしっかりと

インターネット上に公開する自分の情報はもとより、電話番号、メールアドレスの管理を確実に自宅の住所や電話番号、携帯電話番号など、気軽に他人に教えないようにすることが大切です。

また、ネットやパソコン、スマートフォンなどのパスワードはある程度の知識があれば簡単に解除されたりしてしまうため、面倒臭くても時々更新することをおすすめします。

また、ストーカーは家から出されるゴミからも情報を得ようとします。
そのため、公共料金の明細表等の住所、氏名、電話番号等が明記されているものを捨てるときは、シュレッダーを使ったり、住所や名前などが特定されないようにきちんと処理してから捨てるようにしましょう。

2.隙を見せない

ストーカーとなりえる人物は、必ずといって良い程貴方の家への侵入を試みたり、貴方に会いに行こうとします。
その中には、宅配人を装ったり、アンケート調査員や営業マンに扮している事もあるので注意が必要です。

こうしたストーカー行為を防止するためには、不審な人物に対して容易にドアを開けない事が大切になります。
そのため、玄関のドアの鍵は厳重にし、インターホン越しにまずは会話をしましょう。

この時、少しでも不審だと思った人物であれば、絶対にドアを開けない事が重要です。
もしも、荷物の宅配であれば、チェーンをかけてドアを開けたり、場合によっては事情を説明して、ドアの前に荷物を置いていってもらいましょう。

また、カーテンには遮光性の高いものを利用する事で、外部からの盗撮をシャットアウトする事も重要。

その他には、「ナンバーディスプレイサービス」や「迷惑電話お断りサービス」などを利用して、嫌がらせ電話に対する対応も行いましょう。

3. あいまいな姿勢を見せない

ストーカーの殆どは、恋愛感情から発展します。
そのため、嫌いなら嫌いと、はっきりとした態度を見せることで、悪質なストーカー行為を未然に防ぐ事ができます。

また、ストーカー相手にも、はっきりと拒否する態度をしめす事は効果的。軽度のストーカーであれば、かなりの効果を発揮するでしょう。

ただ、注意しなくてはならないのが、重度のストーカー犯罪の場合、拒否の姿勢を示した途端に悪質な事件に発展してしまったケースもあるので、その場合には必ず専門家に相談しましょう。

4. 危険から身を防ぐために

ストーカー被害が、危険なレベルに到達する前に、軽度の悪戯であっても必ず警察などに連絡しましょう。
また、ストーカー行為は徐々にエスカレートしていき、いつ傷害事件や殺人事件に発展しないとも限りません。
自らの身を守るためにも、ストーカー行為が疑われた場合には防犯ベルや催涙スプレーなどの護身用具を常に持ち歩くようにしましょう。

また、こうした道具は鞄の中に適当に入れておくと、いざという時に取り出せません。いつでも鳴らせる状態で持ち歩き、携帯電話はいつでも110番できるようにしておきましょう。

その他にも、常に一人で行動していると思わせないのも重要です。
昔から泥棒除けとして知られている『洗濯物に男性物の服や下着を混ぜる』のもストーカーに対して効果的です。
また、一人で歩いている時にも、電話をしているふりをしたり、『私は一人ではないぞ!』というアピールをしていきましょう。

また、それでも不安ならば、やはりなるべく一人で居ない事が大事。
タクシーを利用したり、知り合いや友人と共に行動するなど、ストーカーに襲わせる隙を作らせない事が大切です。

5. まずは誰かに相談を

ストーカー犯罪が傷害や殺人に発展してしまう要因の一つとして、『他人に相談しにくい』ため、対策が遅れてしまうといった事が上げられます。

しかし、自分だけでストーカーに対応するのは無理というもの。
はじめは「この程度なら大丈夫」と思うかもしれませんが、あっという間にエスカレートしているのが現実です。

そうした事を防ぐためにも、早めに周囲の人間にストーカーの事実を知らせましょう。
家族や知り合い、警察や探偵など、ストーカー被害を真剣に聞き、それに対する対処方をアドバイスしてくれたり、実際にストーカーを見つけ出して対処してくれる人は貴方が思うよりも大勢います。

何よりも大切なのは、貴方自身の心と体という事を忘れずに、まずは誰かに相談してみましょう。
きっと解決への糸口が見つかるはずです。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談