犯罪者で名探偵?悪魔のような天才『ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドック』

HOME > ニュース > 探偵について > 犯罪者で名探偵?悪魔のような天才『ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドック』

犯罪者で名探偵?悪魔のような天才『ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドック』 - 2015.05.05(火)

世界初でありながら、世界最高の名探偵。
そんなおとぎ話の英雄がもし存在していたなら、貴方はどう思われますか?

今回ご紹介するのは、そんな嘘みたいな本当の人物で、フランスでは未だ国民的英雄として語り継がれる天才探偵「ウジェーヌ・フランソワ・ヴィドック」です。

生い立ち

ヴィドックが生まれたのは1775年フランスの郊外にあるアラスという小さな町でした。

ヴィドックの家は裕福で、特に不自由なく成長していったといいますが、16歳の時、彼の大きな転機が訪れます。

その年、厳格な両親によって無理やり歩兵部隊に入隊させられる事となったのですが、もともと軍隊に向いていなかったヴィドッグはその生活に嫌気がさし、5年後にはすでに除隊することを決意します。

ところが、その時に手違いが起き、ヴィドックは除隊証明書を受け取る事が出来ず、なぜか脱走兵として追われる事となり、憲兵によって逮捕される事となりました。

しかし、ヴィドックの不幸はこれで終わりません。
なんと、刑務所の中で出会った贋造紙幣犯の一味であるという疑いを掛けられてしまい、ただの脱走兵が重犯罪者として告訴され、ブレストという場所にある徒刑場において、過酷な重労働刑を科せられてしまいました。

しかしヴィドックは、その状況に嘆く事よりも利用する事を選びました。まずヴィドックは、同じ場所で刑に服している重犯罪者達を交流を深め、フランスの暗黒社会の構図や、重要人物、犯罪者の特徴や、犯罪の手口などの知識を積極的に集めはじめます。

さらに、変装の技術を身につけるため、何度も脱獄を繰り返しては失敗し、投獄されるといった生活を10年間も繰り返していきました。

伝説の探偵誕生

やがてブレストの刑場でも問題児として持て余されたヴィドックは、半ば強制的に出獄させられると、彼はそのままパリ警察の密偵になります。

当然、パリ警察もブレスト刑場にいる変わり者の噂を耳にしており、その知識を利用しようと当初から考えたのですが、この勧誘自体が、ヴィドックの仕掛けた計画通りであったという説もあります。

とにかく、パリ警察の密偵となったヴィドックは、パリの裏社会と犯罪に関する膨大な知識を元に、今度は犯罪者達を相手に戦う事となるのです。

恐るべき能力

パリ警察に勤務していた警察が、当初ヴィドックはただの情報屋程度の扱いであったと言われますが、次第にパリ警察の人間達はヴィドックの持つ才能に驚きを隠せなくなって行きます。

まず、ヴィドックが誇った最大の武器は、その膨大な犯罪の知識と理解でした。
それはもちろん形場で得た膨大な知識があってはじめて成せる技であり、当時、それほど犯罪に精通した警察官など、パリどころか、世界中をみわたしても存在していませんでした。

さらに、ヴィドックは観察力にもすぐれ、犯行が行われた現場を見れば、その特徴をすぐさま見つけ出しました。
そして、自身の脳内に蓄えられた膨大な犯罪資料を調べ、似たような手口を行う犯罪者が居れば、その人物を容疑者として警察に教えたのです。

さらに、何度も繰り返した脱獄未遂のおかげで、ヴィドックの変装とスパイ技術は相当高められていました。
ヴィドックは当然この技術も捜査に生かし、かなりの成果を上げましたが、その手法は相当なグレイゾーン(犯罪ギリギリ)だったとされています。

たしかに、犯罪者に近づくためには、自身も犯罪行為を行うような時もあるでしょう。その点でいえば、日本の警察が潜入捜査を禁じているのも、法的な問題が色々とあるからなのです。

しかし、ヴィドックが活躍した時代は、犯罪者達のほうが、明らかに警察よりも優勢であっただけに、そうした強引な捜査方法も黙認されていた節もあります。

科学捜査の元祖

やがて、多くの犯罪者を検挙し、街の治安改善に貢献したヴィドックは、後のパリ警視庁でもある国家警察パリ地区犯罪捜査局の初代局長に就任します。

捜査局に就任後、ヴィドックは現場からその身を引き、今度はより多くの捜査官が効率的に犯罪者を検挙できるシステムを作り上げる事に情熱を燃やし始めます。

この時、まずヴィドックが行ったのが、自身の脳内にある犯罪者の記録を他人でも利用できるようにする事でした。

そこで、ヴィドックは各犯罪者ごとに、その手口や特徴などを記したカードを作り、それを描く警察署に配布する事にしました。

これは、後に世界中の法執行機関が使用することとなる『犯罪者データベース』の元祖でもあり、科学的捜査の始まりともいわれています。

そして世界初の探偵に

パリの治安維持に努めたヴィドックは、やがて捜査局を退職。

その後、1833年には世界初の私立探偵事務所を創立し、およそ3000人もの会員を抱えていたと言われます。会員になっていたのは商人などが中心で、主に借金回収のための所在調査がメインであったと言われます。

また、晩年では自叙伝でもある『ヴィドック回想録』を出版しており、その中にはヴィドックの奇妙な人生と彼が出あった様々な犯罪が記されています。

015294まとめ

ヴィドックは生前から著名な人物であり、友人である小説家のバルザックは、彼をモデルとしたキャラクターを幾つも小説の中に登場させています。

また、推理小説への影響も大変大きく、エドガー・アラン・ポーや、コナン・ドイルを始めとする探偵小説家はもとより、あの世界一有名な怪盗「アルセーヌ・ルパン」のモデルにもなったといいます。

そうした理由も、犯罪者でありながら名探偵という両方の面を持ち合わせたヴィドックだからこそ持ちえた魅力なのでしょう。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談