浮気調査を依頼する時にやっておきたい事

HOME > ニュース > 浮気・不倫について > 浮気調査を依頼する時にやっておきたい事

浮気調査を依頼する時にやっておきたい事 - 2015.08.01(土)

浮気調査を依頼したいと考える人の多くがまず直面するのが『どうやって依頼をしたら良いのだろう?』という大変基本的な問題です。

しかし、基本的な問題といっても、殆どの人が探偵社など利用した事が無いでしょうから、依頼の方法が解らなくても無理はありません。

というわけで、探偵利用初心者のために、今回は依頼をスムーズに行うためのテクニックをご紹介します。

相談内容を簡潔にまとめておく

探偵社に電話をする前に、まずは相談したい内容をメモ帳などに簡潔にまとめておきましょう。

まとめ方の参考としては、次の様に箇条書きにしていくのがベストです。

1.浮気の疑いを持った時期やポイント

夫や妻の浮気に気が付いた時の事を書きだしておきましょう。
その内容は、浮気に気が付いた日と時間、その時の状況などを詳細に書いておく事が重要です。これによって、相談員がどの程度の確率で浮気をしているか判断する為、その後の調査方針に大きな影響が出てきます。

2.現在も浮気をしているか?

現在も浮気の兆候があるのか?その兆候とはどういった事なのかを具体的に書いておきましょう。
例えば、毎日の様に夜遅く帰ってきたり、休日も外出する事が多かったり、ラブホテルのレシートを見つけたなど、とにかく気が付いた事ならなんでもメモを取っておきましょう。

3.浮気をしている日時

浮気を行っている可能性が高いと思われる日や時間などをメモしておきましょう。
これは調査を行う日取りや時間を決定する材料となるため、出来るだけ正確に書きだしてください。

4.浮気をしている場所はどこか?

浮気を行う際に立ち寄っていそうな場所等が解ればそれもメモしておきましょう。
これが解れば、尾行の回数を減らしたり、より短時間の内に調査を終わらせる事が出来るかもしれません。

5.浮気相手に心当たりはあるか?

もしも、浮気相手に心当たりがある場合には、その人物についての情報も書いておきましょう。

これがあれば、調査対象者が第二対象者(浮気相手)と接触した時に、その人物がもしも予想通りであれば、無理な尾行をしなくとも住所や連絡先、勤務先などが解る事がありますので、実際にその人物が浮気をしている確証が無くても良いので、思い当たる人物が居れば出来るだけ詳しく書いておきましょう。

6.調査対象者の特徴

調査を行う人物の特徴について、できるだけ詳しく書いておきましょう。

主な書き方としては、性別、年齢、体重、職業、趣味、主な立ち寄り先、親しい友人などを箇条書きにして書いていきます。
この時、職場やその住所、連絡先などは正確な方が良いので、解らない場合は事前に調べておくと良いかもしれません。

7.予算は幾らか

調査費用として出せる金額を先に書いておきましょう。
この金額を限度額として先に探偵社に提出すれば、金額交渉もスムーズに行くため、効率よく調査へと移行できるはずです。

まとめ

はじめて浮気調査を依頼する事は、だれでも大変緊張する事です。

ですので、相談の電話をする時に上手く喋れなかったり、依頼をするつもりがただの愚痴で終わってしまう事は良くある事で、その点は電話を受ける相談員も重々承知しています。

無理に上手く喋ろうとすることは帰って緊張を高めてしまいますので、事前にメモをしておいたら、あとはそのメモに従って、相談員の質問に答えて行けば相談はスムーズに行えるでしょう。

今すぐ相談したい方はこちら
  • 原一探偵事務所

    年中無休・24時間対応の無料電話相談!

    浮気調査で一番大切なことは「真実を知ること」です。 原一探偵事務所は42年の調査実績と80,000件以上もの実績がある探偵事務所。 最新のテクニックと技術であなたの抱えている不安やストレスを解消し、明るい人生を取り戻すために徹底的に調査します。

    0120-20-1949

    相談料対応エリア休業日
    無料 全国 年中無休・24時間

    無料相談はこちら

探偵事務所を簡単比較!

42年以上の実績と最新のテクニックで徹底調査

0120-20-1949

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-035

無料相談

ムダのないスマートな調査と徹底したアフターケアが人気

0120-610-248

無料相談

復縁・離婚など調査結果が出てからも的確なアドバイス

0120-610-316

無料相談

たった2分で探偵社をご紹介!相談は何度でも無料です

0120-610-371

無料相談